逗子・葉山版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

逗子市 シェアサイクルの運用開始 今年12月まで実証実験

経済

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena
(左から)三橋社長、桐ケ谷市長、高野毅市議会議長
(左から)三橋社長、桐ケ谷市長、高野毅市議会議長

 逗子市は今月18日、「シェアサイクル事業連携の実証実験に関する基本協定」をシナネンモビリティPLUS株式会社と締結した。来街者の周遊性を高めて地域経済の活性化を図るほか、市民の「足」として活用していきたい考え。今年12月までにデータを集めて分析し、有用性を検証。本格運用を目指す。

 この実験はソフトバンクグループの同社が提供するシェアサイクルサービス「ダイチャリ」と連携。同サービスのポート(専用駐輪場)であれば、原則として全国どこでも返却することができる。自転車は電動アシスト付きで、充電やポート間の自転車の移動はスタッフが行う。

 今回、逗子市役所正面玄関前、第一運動公園駐輪場(2カ所)、披露山公園駐車場、桜山中央公園駐車場の4施設5カ所にポートが設置された。

 利用する際はスマートフォンのアプリと交通系ICカードを使用し、現金や対面のやり取りは不要なのが特徴。通信技術を活用した利用者の属性や利用時間、訪れた場所などのデータの蓄積・分析が強みで、観光施策などに活用することができる。料金は15分60円、1日最大1千円。

 桐ケ谷覚市長は「逗子は道路が狭いうえに、駐車場が少なく歩行者と自転車の街。自転車の返却先は逗子駅前に集中することが予想されるが、観光に来た人はもちろん、どのように市民の足になるのか、データを分析するのを楽しみにしている」と、観光客の周遊性や市民生活の利便性向上に活用したい考えを示した。三橋美和代表取締役社長は「観光から通勤や買い物など、使いたい時にいつでも使える。多くの方にご利用いただければ」と呼び掛けた。

 シナネンモビリティPLUS株式会社は東京都や埼玉県、神奈川県を中心にサービスを展開。逗子市のほか、近隣では鎌倉市、藤沢市でポートを設置している。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

財政対策前倒し終了

逗子市予算案

財政対策前倒し終了 経済

事業縮小や削減継続

2月21日号

2年連続で100億円超

葉山町予算案

2年連続で100億円超 経済

扶助費が全体押し上げ

2月21日号

今年の開催見送り

逗子海岸花火大会

今年の開催見送り 社会

五輪影響 警備確保できず

2月7日号

PCの回収 宅配便で

葉山町

PCの回収 宅配便で 社会

専門事業者と協定

2月7日号

「お弁当大賞」で栄冠

スズキヤ

「お弁当大賞」で栄冠 経済

2年連続 新名物誕生

1月24日号

地域の魅力「住」から紐解く

地域の魅力「住」から紐解く 経済

業界団体が展示を初開催

1月24日号

ラグビー熱 未だ冷めず

ラグビー熱 未だ冷めず スポーツ

スクール加入者が急増

1月10日号

暑中お見舞い申し上げます

3年に一度の音楽の祭典

いざ、才能豊かな若手クラシック演奏家のコンサートへ

https://yokooto.jp/

逗子市商工会

地域経済の活性化、そして、にぎわいのある地域づくりを推進します

http://zushi-sci.jp/

葉山町商工会

だから好きHAYAMA

http://www.shokonet.or.jp/hayama/

逗子市体育協会

総合型地域スポーツクラブ「うみかぜクラブ」や市民大会を開催しています

http://www.zushi-taikyo.com/

JAよこすか葉山

JAよこすか葉山の「すかなごっそ」は地産地消を発信するアンテナショップ

https://ja-yokosukahayama.or.jp/sucanagosso/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク