逗子・葉山版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

国立新美術館 和紙ちぎり絵550点 本紙持参で入場無料

文化

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
展示作品「秋もよう」
展示作品「秋もよう」

 ハクビ和紙ちぎり絵学院は11月28日(木)から12月9日(月)まで(12月3日は休館)国立新美術館(東京都港区)で初めての創作展を開く。開場は午前10時から午後6時(最終日は午後2時)。

 美しい和紙の魅力を生かしながら絵として表現していく「和紙ちぎり絵」は、自分の感性が作品の味わいとなるアートな趣味の一つ。道具や経験も不要で気軽に始められることから、オトナの趣味として近年人気となっている。

 期間中は季節の花や風景、動物、静物など、自由な題材で創作した作品約550点を展示する。同学院は「心癒されるひととき。和紙とちぎり絵の魅力をぜひ楽しんで」と来場を呼びかける。

 入場料500円。ただし、本紙持参の場合は無料となる。イベントに関する問い合わせは同学院東京事務局【電話】03・5980・7733。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

3市町の可燃ごみ逗子で処理

3市町の可燃ごみ逗子で処理 政治

広域化実施計画素案が発表

12月13日号

「サンタがやってくる」

「サンタがやってくる」 経済

池田通りで特別企画

12月13日号

音楽が彩る午後のひととき

回顧 ずし・はやま2019

回顧 ずし・はやま2019 社会

〜紙面から振り返る今年の出来事〜

12月13日号

「ユニバーサル絵本親しんで」

「ユニバーサル絵本親しんで」 文化

来月18日 製作講座

12月13日号

初の「海街珈琲祭」に2千人

初の「海街珈琲祭」に2千人 文化

人気カフェには行列も

11月29日号

ALS患者が政策助言

ALS患者が政策助言 社会

共生社会実現へ県が委嘱

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク