逗子・葉山版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

逗子市 新ビジネス拠点設立 補助金申請などサポート

経済

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
発表に聞き入る参加者たち
発表に聞き入る参加者たち

 逗子市がこのほど、起業促進や企業誘致を目的に、民間事業者や大学などの研究機関などが参加する「プラットホーム逗子ビズ」を設立した。会員相互の意見交換や連携を促し、行政も後押しする。新たなビジネスが市内で生まれることを目指し、ゆくゆくは地域課題の解決にもつなげたい考え。

 先月25日に第1回全体ミーティングが市役所で行われ、37事業所、62人が参加した。大手通信会社や公共交通機関、金融機関のほか、建設会社や大学、地域通貨を扱う会社など、多様なジャンルの参加者が集まった。

 桐ケ谷覚市長はあいさつで、「逗子にしかできないことを考えたとき、女性の活躍がキーワードになる。逗子の環境で子育てしたいという方が多くいるなかで、子どもが大きくなった時、地元で仕事ができる環境整備が大事」と強調。「仕事を生む過程で、様々な地域課題を解決するために、官民が力を合わせていく場がこのプラットホームだ」と説明した。

 市が担う具体的な役割として▽市が持つ情報やデータの提供▽所管課とのマッチング▽国庫補助金等の申請▽特区等の提案・申請などを挙げた。

事例発表も

 当日は、すでに具体的な構想があったり、活動を始めている参加者によるプレゼンテーションが行われた。「逗子・葉山地域における地域エネルギービジネスの立ち上げについて」と題した発表では、地域電力会社を立ち上げることで、市の税収増に貢献できるとした。売り上げの1%を地域福祉に還元する構想や、税収、雇用を地域にもたらすメリットを紹介。エネルギーの小売りだけでは黒字化は難しいとの見方を示し、地域の見守りなどのサービスなど多様な展開によって、収支とサービスの両立を目指したいとした。

 また、市民の医療データを匿名化したうえで収集、分析し、企業や研究機関に提供する事業構想も発表された。

 活動体制は大きく2つに分け、全体ミーティングを年2回開催し、情報共有の場とする。会員同士によるワーキンググループは自主運営される。会員の対象は市内でビジネスをしている、またはその予定の事業者、大学等研究機関、上記のいずれかに所属する個人。会費無料。

 問い合わせは046・872・8163市経営企画部企画課へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

現職・山梨氏が出馬表明

葉山町長選

現職・山梨氏が出馬表明 政治

防災、公共施設「大きな命題」

12月13日号

返礼品に「電子感謝券」

逗子市ふるさと納税

返礼品に「電子感謝券」 経済

市内事業者で利用可能

11月29日号

危険木の伐採補助範囲拡大

葉山町

危険木の伐採補助範囲拡大 社会

11月から要綱改訂

11月29日号

阪神から6位指名

逗子市出身小川選手

阪神から6位指名 スポーツ

「早く一軍で活躍したい」

11月15日号

歴史紡ぐ憩いの場完成

葉山町

歴史紡ぐ憩いの場完成 社会

南郷上ノ山公園に「梓亭(あずさてい)」

11月15日号

事前説明会に2陣営

葉山町長選

事前説明会に2陣営 政治

市民団体が擁立模索

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク