逗子・葉山版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

逗子市 新ビジネス拠点設立 補助金申請などサポート

経済

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
発表に聞き入る参加者たち
発表に聞き入る参加者たち

 逗子市がこのほど、起業促進や企業誘致を目的に、民間事業者や大学などの研究機関などが参加する「プラットホーム逗子ビズ」を設立した。会員相互の意見交換や連携を促し、行政も後押しする。新たなビジネスが市内で生まれることを目指し、ゆくゆくは地域課題の解決にもつなげたい考え。

 先月25日に第1回全体ミーティングが市役所で行われ、37事業所、62人が参加した。大手通信会社や公共交通機関、金融機関のほか、建設会社や大学、地域通貨を扱う会社など、多様なジャンルの参加者が集まった。

 桐ケ谷覚市長はあいさつで、「逗子にしかできないことを考えたとき、女性の活躍がキーワードになる。逗子の環境で子育てしたいという方が多くいるなかで、子どもが大きくなった時、地元で仕事ができる環境整備が大事」と強調。「仕事を生む過程で、様々な地域課題を解決するために、官民が力を合わせていく場がこのプラットホームだ」と説明した。

 市が担う具体的な役割として▽市が持つ情報やデータの提供▽所管課とのマッチング▽国庫補助金等の申請▽特区等の提案・申請などを挙げた。

事例発表も

 当日は、すでに具体的な構想があったり、活動を始めている参加者によるプレゼンテーションが行われた。「逗子・葉山地域における地域エネルギービジネスの立ち上げについて」と題した発表では、地域電力会社を立ち上げることで、市の税収増に貢献できるとした。売り上げの1%を地域福祉に還元する構想や、税収、雇用を地域にもたらすメリットを紹介。エネルギーの小売りだけでは黒字化は難しいとの見方を示し、地域の見守りなどのサービスなど多様な展開によって、収支とサービスの両立を目指したいとした。

 また、市民の医療データを匿名化したうえで収集、分析し、企業や研究機関に提供する事業構想も発表された。

 活動体制は大きく2つに分け、全体ミーティングを年2回開催し、情報共有の場とする。会員同士によるワーキンググループは自主運営される。会員の対象は市内でビジネスをしている、またはその予定の事業者、大学等研究機関、上記のいずれかに所属する個人。会費無料。

 問い合わせは046・872・8163市経営企画部企画課へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

財政対策前倒し終了

逗子市予算案

財政対策前倒し終了 経済

事業縮小や削減継続

2月21日号

2年連続で100億円超

葉山町予算案

2年連続で100億円超 経済

扶助費が全体押し上げ

2月21日号

今年の開催見送り

逗子海岸花火大会

今年の開催見送り 社会

五輪影響 警備確保できず

2月7日号

PCの回収 宅配便で

葉山町

PCの回収 宅配便で 社会

専門事業者と協定

2月7日号

「お弁当大賞」で栄冠

スズキヤ

「お弁当大賞」で栄冠 経済

2年連続 新名物誕生

1月24日号

地域の魅力「住」から紐解く

地域の魅力「住」から紐解く 経済

業界団体が展示を初開催

1月24日号

ラグビー熱 未だ冷めず

ラグビー熱 未だ冷めず スポーツ

スクール加入者が急増

1月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク