逗子・葉山版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

パラ五輪向け 日々鍛錬 葉山町役場職員 小曽根さん

スポーツ

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
普段は町役場の会計課職員として週4日勤務する
普段は町役場の会計課職員として週4日勤務する

 東京パラリンピックへの出場を目指しているやり投げ選手が葉山にいる。町役場で会計課の職員として働く小曽根亮さん(36・横浜市金沢区在住)だ。直近の国際大会では、あと一歩のところで代表内定を逃したが、まだ希望は残っている。「出場への切符は射程圏内。自分の力を出し切って、なんとしても東京大会に出たい」

* * *

 小曽根さんは大学生時代に医療事故で骨髄を損傷し、腹部から下が動かせない両下肢体幹機能障害になった。リハビリに励むなかでスポーツにも親しむようになり、投てき種目に出会った。「頑張った分だけ記録が伸びるのが面白かった」。練習を重ねるとすぐに頭角を現し、2010年にはアジアパラ、13年には世界選手権に出場。円盤投げ、砲丸投げ、やり投げの3種目で日本記録保持者となった。特に円盤投げは国内の強化指定選手に選出されたほどの実力だったが、障害の程度に応じて分けられるクラスに変更があり、15年からはやり投げに注力。18年から強化指定選手に選ばれ、国内外で活躍してきた。

 昨年11月には、パラ五輪の選考をかねてドバイで開かれた世界選手権に出場。今季の自己ベストを叩き出したものの基準記録に届かず、惜しくも代表内定を逃した。

あと28cm

 東京大会への切符を手にするにはいくつか条件があるが、中でも必須となるのが24mを超えること。小曽根さんのベストは18年にインドネシアで開かれたアジアパラ競技大会で投げた23m73cmでその差はわずか28cmだ。

 選考対象となる大会が6月までに3つ予定されており、そこで条件記録をクリアすることができれば代表内定が一気に近づく。「自分との闘い。1cm単位で記録を伸ばすことに集中したい」と前を見つめる。

投げ方研究

 昨年11月に開かれた世界選手権では、トップクラスの選手たちのプレーを間近に見ることで、大きな刺激と学びを得たという小曽根さん。「体の大きな選手が多く、体重は自分が一番軽かったかもしれない。ただ筋力ではあまり負けていないと感じた」。課題は体の使い方にあることが明確になったという。

 競技では腰から下を固定し、バーで体を支えて腕力でやりを投げる。トップ選手たちはバーやイスの位置、体のねじり具合や反り方など、自分に合ったフォームを持っていた。「体の柔軟性や、投げ方は人それぞれ。イメージに縛られず、自分が一番力を発揮できる投げ方を完成させる必要性を痛感しました」と振り返る。また、パワーだけでなく、投げる時の腕のスピードアップや、可動域の拡大など取り組まなくてはならない練習も見えてきた。「冬の間に筋力トレーニングで体をしっかりと作りたい。同時にたくさん投げ込んでフォームを固め、次の大会に臨むことができれば」 

「周りを喜ばせたい」

 現在は週4日、葉山町役場で会計課の職員として働くかたわら、新横浜にある障害者スポーツ文化センター「横浜ラポール」で週2回、練習に励んでいる。地元の金沢区に住む小学校からの友人が同行し、車いすの固定や、投げたやりの回収といったサポートをしてくれるという。

 自身が出場した大会の模様がテレビに取り上げられたり、パラスポーツの魅力を伝えるイベントに招かれて登壇するなど、パラスポーツ全体への注目度が上がっていることを実感している。「こんなチャンスは2度とない。東京パラリンピックに出て、家族やこれまで支えてくれた人たちを喜ばせたい」。力強い声でそう誓った。

ドバイ大会での様子(提供:小川和行/パラスポ!)
ドバイ大会での様子(提供:小川和行/パラスポ!)

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

笑顔トレーニング県から認定

医療法人メディスタイル

笑顔トレーニング県から認定 社会

2月21日号

まちの課題と展望一冊に

小坪小区住民協

まちの課題と展望一冊に 社会

新キャッチフレーズも誕生

2月21日号

神武寺から海を望む

神武寺から海を望む 文化

環境整備の参加募集

2月21日号

楽しみながら健康づくり

地域イベントの経験共有

地域イベントの経験共有 文化

16年の活動振り返る

2月21日号

逗子を愛した建築士

逗子を愛した建築士 文化

27日から永橋さん回顧展

2月21日号

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク