逗子・葉山版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

葉山警察署 設立100年記念し画家寄贈 巨大な絵画が署長室に

文化

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena
寄贈した須藤さん(左)と鈴木署長
寄贈した須藤さん(左)と鈴木署長

 設立100周年を迎えた葉山警察署(鈴木達也署長=人物風土記で紹介)にこのほど、巨大な絵画が寄贈された。

 100号の大作「雅(みやび)」を寄贈したのは横須賀市在住の須藤眞啓さん。油絵具を基本に使いながら、金箔なども用いて3年かけて描きあげたという。中央に夜桜と配置し、須藤さんのモチーフという蝶が舞っている幻想的な作品だ。

 須藤さんはスペインで修業した後、画家として独立。国内外で活動するかたわら、長期間逃亡している容疑者や行方不明者の現在の姿を想像して描き、警察の捜査に協力するプロファイル画における国内の第一人者として知られている。これまで、神奈川県警の諮問委員を務めるなど、警察活動に関わっていたことから葉山警察署が依頼し、今回の寄贈が実現した。

 須藤さんは「長年にわたり御用邸や町の治安を守っていただいており、その感謝の思いを込めて描いた。作品は自分の子どものような存在なので、可愛がっていただけたら」とし、鈴木署長は「このような素晴らしい絵画をいただけて大変ありがたい」と笑顔で話した。絵はその後、署長室に飾られた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

アカペラと和太鼓がコラボ

アカペラと和太鼓がコラボ 文化

2月、ワークショップも

1月21日号

シェアサイクルの感想募集

池田通りでお得に買い物

池田通りでお得に買い物 経済

「プレミアム商品券」販売中

1月21日号

小坪に車中泊スペース誕生

小坪に車中泊スペース誕生 経済

試行的運用開始 活性化目指し

1月21日号

春告げる「わかめ干し」体験

春告げる「わかめ干し」体験 社会

市観光協会らが参加者募集

1月21日号

「アマモの苗大きくなあれ」

「アマモの苗大きくなあれ」 教育

一色小で環境授業

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook