逗子・葉山版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

逗子市 パートナーシップ制度開始 横須賀・鎌倉と相互利用も

社会

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena
証明書は財布に収まるカードサイズ
証明書は財布に収まるカードサイズ

 逗子市は4月1日から、性的マイノリティカップルのほか、事実婚も対象となるパートナーシップ宣誓制度を開始した。また同時に、全国で2例目となる近隣自治体と証明書の相互利用もスタートした。

 この宣誓制度は、相互に協力し合いながら継続的な共同生活を行っているか、行うことを約束した2人が双方のパートナーであることを市長に誓うもの。

 市の内部規定の要綱によって定められているため、婚姻制度とは異なり法的な権利や義務の付与は伴わないが、市営住宅と県営住宅への入居申し込みができるようになった。また市は今後、不動産や携帯会社等に対して法律婚と同じサービスを受けられるよう呼び掛け、病院での見舞いや手術の際の同意なども可能になるよう医師会に対しても働きかけていくという。市は「生きづらさや困りごとの軽減、性の多様性の尊重促進など、誰もが生きやすい街を目指す」としている。

 また、逗子市と横須賀市、鎌倉市は同日付で制度の相互利用を始める協定を結んだ。福岡市と熊本市に次いで全国で2例目。3自治体のいずれかへ転出した際に新たな宣誓を行う必要がなく、手続きや精神的な負担軽減を図る。葉山町も今年度中に制度をスタートし、3市の枠組みに加入予定という。

 2018年、性的マイノリティーが働きやすく、暮らしやすくなるよう活動している団体「レインボー逗子」が、制度開始に向けた協議を求める陳情を市議会に提出。昨年9月の市議会第3回定例会で、市は導入する方針を表明していた。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

コロナ乗り越え開催へ

葉山駅伝

コロナ乗り越え開催へ スポーツ

12月1日から申込受付

11月20日号

小柴さんの業績紹介

理科ハウス

小柴さんの業績紹介 教育

直筆メッセージの展示も

11月20日号

余った食材 必要な世帯に

葉山町社協

余った食材 必要な世帯に 社会

コロナ禍生活支援の一環

11月6日号

“プレミアム”な逸品開発

逗子市事業者

“プレミアム”な逸品開発 経済

商品券発売にあわせ

11月6日号

プレミアム付き商品券販売

逗子市

プレミアム付き商品券販売 経済

全市民へクーポン配布も

10月23日号

成人式来年1月に開催へ

逗子市葉山町

成人式来年1月に開催へ 教育

簡素化など対策講じる

10月23日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク