逗子・葉山版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

最前線の医療従事者支援 企業が地元団体とタッグ

社会

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
右から大庭社長、豊子夫人、清水さん、土屋さん
右から大庭社長、豊子夫人、清水さん、土屋さん

 葉山町一色にあるガソリンスタンド「ENEOSセルフDr.Drive葉山SS」を運営する湘南菱油株式会社(横須賀市森崎、大庭大代表取締役)が、医療従事者や感染者への支援を行っている。地元で活動するボランティア団体も参加し、農家や地域の子どもたちにも支援の輪が広がっている。

 「湘南国際村にエールを送ろう」と題したこのプロジェクト。神奈川県が新型コロナウイルスの軽症患者受け入れを湘南国際村センターで始めたことを受け、「エネルギーを扱う企業として、元気を届けたかった」と大庭さんは語る。

 プロジェクトには町内で子ども食堂などの活動を行っている「はやま食卓プロジェクト」の清水明絵さんや「cafe manimani」の土屋由美さんも参加。地元食材を使った弁当などを毎週継続して提供している。

 また、今回のコラボをきっかけに、一色のガソリンスタンドで隔週金曜日、横須賀市内で収穫された野菜を販売。売り上げの全額を「食卓プロジェクト」の活動費に充てている。大庭さんは「コロナに影響を受けている人はもちろん、地域全体が幸せになれる活動をしていきたい」と話している。
 

お中元商品受付スタート

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。「本物の味」が直売所価格!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

「逗子で働く」を当たり前に

「逗子で働く」を当たり前に 経済

ワーケーションの実証実験

6月26日号

上山口の棚田に恵みの雨

上山口の棚田に恵みの雨 社会

里山の原風景広がる

6月26日号

8月に代替大会開催へ

県高野連

8月に代替大会開催へ スポーツ

トーナメント方式、無観客で

6月26日号

「新しい社会の形」追求を

特別インタビュー

「新しい社会の形」追求を 社会

県医療危機対策統括官 阿南医師

6月26日号

新理事長に鷲尾氏

湘南信用金庫

新理事長に鷲尾氏 経済

6月26日号

集まれ工作キッズ

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月26日号

お問い合わせ

外部リンク