逗子・葉山版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

葉山の魅力を発掘、発信している 山口 明さん 葉山町在住 68歳

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena

ワクワクは身近に眠ってる

 ○…葉山町立図書館2階のまちづくり館で行われている展示「素の元」を企画した。葉山から始まった「味の素」の歴史とその立役者たちを紹介。ドラマチックな人生を歩んだ創業家・鈴木家の人物像にスポットを当て、町との関わりをわかりやすくまとめて好評を得ている。「学校に多額の寄付をするなど、今の町があるのも鈴木家と味の素があってこそ。”朝ドラ”にもなり得るこの歴史を多くの町民に知ってほしい」と語る。

 ○…山梨県出身。子どもの頃は野山を駆け回り、川でウナギをとったり、雪に覆われた畑をゲレンデに見立てて自作の板でスキーをするなど、自然豊かな環境で過ごした。高校生の時、「機械ではなく、人を相手にした仕事をしたい」と大学へ。教育学部を卒業後、逗子市内の中学校で40年間、教員を勤め上げた。「教え子が親になり、その子どもを教えることも多かった。世代を超えた付き合いができるのも、このエリアならでは」と目を細める。

 ○…葉山に来たのは約30年前。学生時代から50年以上バレーボールを続け、逗子バレーボール協会で会長を務めているほか、64歳で教員を退職した後は、阿部倉山の保全活動やイノシシ対策の活動に従事。葉山の自然を守りながら楽しんでいる。「もともと旅行が好きだったが、今はもっぱら歩いて行ける場所が行動範囲」。歴史から動植物まで、素朴な疑問に熱心に答える姿はまさに地域の生き字引だ。

 ○…12月には浦賀道にまつわるウォーキングイベントも初めて実施する予定で、これからも身近に眠る魅力を発信していく。「目線を地元に向ければ、面白いことがいっぱいある。今のご時世だからこそ、若い世代にも葉山を楽しんでほしい」と笑顔で話した。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

浜田 孝一さん

一般社団法人逗子葉山青年会議所第58代理事長に就任した

浜田 孝一さん

鎌倉市在住 39歳

1月8日号

上田 芳雄さん

逗子市被爆者の会(つばきの会)の会長を務める

上田 芳雄さん

逗子市在住 78歳

12月4日号

天野 純治さん

横須賀美術館で展示を行っている

天野 純治さん

葉山町在住 71歳

11月20日号

石井 康生さん

逗子・葉山アマチュア無線クラブの会長を務める

石井 康生さん

逗子市在住 56歳

11月6日号

山口 明さん

葉山の魅力を発掘、発信している

山口 明さん

葉山町在住 68歳

10月23日号

加藤 慶一さん

一般社団法人Regional Sportsの代表を務める

加藤 慶一さん

逗子市在住 36歳

10月9日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク