逗子・葉山版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

先端技術 官学で連携 逗子市と電気通信大学

社会

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
協定書を交わす桐ケ谷市長(左)と小花センター長(逗子市提供)
協定書を交わす桐ケ谷市長(左)と小花センター長(逗子市提供)

 逗子市はこのほど、国立大学法人電気通信大学と包括協定を結んだ。今月4日には市長室で調印式を開催。今後、より一層の官学連携を図っていくことを確認した。

 同大学はセンサーやIOT、ビッグデータ、AIを使った解析や応用などの研究を行っている。

 多様な民間事業者らが集い、地域経済活性化や新規ビジネスの創出、移住促進策などを企画実施していくことを目的に、市が昨年立ち上げた「プラットフォーム・ズシ・ビズ」に設立当初から参加しており、ビッグデータを活用し、社会に貢献することを目的とした「データアントプレナーコンソーシアム」を実施。逗子市も賛同していることから協定書締結に至ったという。

 当日は桐ケ谷覚市長のほか小花貞夫理事・産官学連携センター長ら出席。桐ケ谷市長は「ビッグデータを活用する様々な取り組みを進めているところで、今回の連携は企業誘致の誘因にもなる動きに繋がると思う」と期待を寄せた。小花センター長は「本学が力を入れているデータ分析をベースとした幅広い技術力をもって、持続的に進化していく社会にするためのメカニズムを提供していけたら。逗子市と連携し、データを基盤としたさまざまなサービスを提供していくことで、進化していく街となるよう、協力していきたい」と話していた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

災害時に自販機活用

【Web限定記事】

災害時に自販機活用 社会

葉山町が協定

1月22日号

映画通じ理解深める

映画通じ理解深める 文化

聴覚障害持つ女性描く

1月8日号

「一人で悩まないで」

鎌倉保健所

「一人で悩まないで」 社会

からだとこころの相談会

1月8日号

しめ縄は地元産で手作り

しめ縄は地元産で手作り 文化

上山口の須の宮神社

1月8日号

「困ったときはお互い様」

「困ったときはお互い様」 社会

学ぶ仲間を学生が支援

1月8日号

県内商店街巡って賞品

県内商店街巡って賞品 経済

商連かながわ ラリー企画

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク