逗子・葉山版 掲載号:2020年12月18日号 エリアトップへ

混雑回避へ「協力を」 寺社が分散参拝呼びかけ

社会

掲載号:2020年12月18日号

  • LINE
  • hatena
鈴緒が柱の裏に仕舞われた亀岡八幡宮
鈴緒が柱の裏に仕舞われた亀岡八幡宮

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、逗子葉山の寺社が初詣の対応に追われている。縁起物の頒布を年内から行う所もあり、関係者は「混雑を避けてお参りください」と呼び掛けている。

 逗子市の延命寺では今年、除夜の鐘を住職と寺関係者のみでつくことを決めた。例年多くの市民が参加していたが、神田 宜優住職は「新型コロナウイルス感染症の収束の見通しが立たない為、『除夜の儀』として寺院関係者のみで梵鐘を百八突かせて頂き、皆様の除災招福をご祈念申し上げます」と話している。

 逗子の鎮守・亀岡八幡宮では、大晦日の参拝者向けにお札を頒布しており、昨年は600人ほどが訪れたという。氏子会の副総代・奥野哲男さんは「今年はどうなるか見当もつかない。密にならないよう対策を講じるしかない」とし、大晦日の御神酒の提供をやめるほか、不特定多数が触れる鈴緒は柱の裏にしまった。神輿会や囃子会の会員が境内に立ち参拝者に対して距離を確保するなど「密」を避ける協力を呼びかけ。また、今月25日(金)から各種お守りの頒布を始める。

 毎年、三が日だけで約3万人の参拝客が訪れる葉山町の総鎮守・森戸神社。今回は人員を通常の2倍に増やし、マスク着用や大声での会話を控えるよう呼び掛ける担当も配置する。守屋隆広祢宜は「地方へ帰省しない方が多く、住んでいる地域の神社にお参りされる方は増えるのでは」と話し、例年と変わらない人出を想定して準備にあたっているという。境内に手指消毒スプレーを設置するほか、鈴緒や手水舎の柄杓は撤去し、不特定多数の人が触れる場所を極力なくす。また今月20日から破魔矢や縁起物の頒布を開始する。守屋祢宜は「できる限りの準備をしていますので、混雑の回避にご協力ください」と呼び掛けている。

葉山つつじカードが届きます!

6月1日から取り扱い店舗で使えます

https://hayama.yomsubi.com/

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6

那須町と友好都市協定

葉山町

那須町と友好都市協定 社会

御用邸が縁で交流促進へ

5月14日号

「スマイル」も接種会場に

逗子市

「スマイル」も接種会場に 社会

6月2日から運用開始予定

5月14日号

ワクチン接種リハ実施

逗子市

ワクチン接種リハ実施 社会

本番向け課題を抽出

4月30日号

ワクチン接種に無料バス

葉山町

ワクチン接種に無料バス 社会

利便性と接種率向上目指す

4月30日号

10施設で再生エネ導入

逗子市

10施設で再生エネ導入 経済

脱炭素社会へ本腰

4月16日号

「総合型クラブ」設立へ

葉山町体育協会

「総合型クラブ」設立へ スポーツ

体制強化へ法人化も視野

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter