逗子・葉山版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

若年女性の立ち直り支援 元養護教諭が拠点設立

社会

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
家具の多くは寄付されたもの(菊池さん提供)
家具の多くは寄付されたもの(菊池さん提供)

 居場所がなく、孤独を感じていたり金銭的に困っている18歳から29歳までの女性の「衣食住」を確保し、より良い生活の足掛かりにしてもらおうと「ステップハウス」が来月、横須賀市内で稼働する。立ち上げたのは元養護教諭でカメラマンでもある葉山町在住の菊池操さん=人物風土記で紹介。制度のはざまで支援網から抜け落ちる若年層をサポートし、自分らしい人生を歩んでもらおうと準備を進めている。

 ステップハウスはDV被害者らを保護するシェルターとは異なり、キャリアコンサルタントによる面談や料理教室などを行い、その後の社会生活を見据えた支援を行うのが特徴。「束の間の雨をしのぎ、元気を蓄えて社会へ飛び出してほしい」。そんな思いを込め、建物には「アマヤドリ」と名付けた。

 設立のきっかけはコロナ禍で届いた教え子の悲痛な声だった。「連絡を取っていなかった子たちがわざわざSNSで私を見つけてメッセージをくれるようになった。いずれも20歳前後で、家族のことや収入減のことなど、切実なことばかりだった」。支援先や相談窓口に繋いだが、18歳以上の若者を支える制度や団体が少ないことを知った。

 昨年の10月から準備を始め、12月には法人を設立。建物を探していた所、人の紹介で横須賀市内に見つけた。4LDKの一軒家で、1階は台所やリビング、和室の共有スペース。2階は3部屋あり、最大7人まで住むことができる。生活に必要な家具や家電は一通りそろっており、コメや缶詰、レトルト食品なども用意され、いつでも食べられる。いずれも寄付を募って集まったり、フードバンクから提供されたものだ。居住できるのは最長で2年とした。敷金礼金はなく、光熱費は月額1万円。家賃は最初の半年までは前月収入の25%。その後は収入に応じて3万8千円〜5万2千円。すでに1人の入居が決まっている。

 現在は自己資金や寄付で運営を賄っており、安定的な活動のための収入源確保や的確な情報発信が今後の課題だ。しかし、予想をはるかに上回る寄付や協力の申し出に希望も感じている。「何かしたいと思っている方はたくさんいる。地域で若者を支えられる場になれたら」と菊池さんは話している。詳細はホームページ【URL】https://www.amayadori-official.net/

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

元気と生きがい地域に

元気と生きがい地域に 社会

有志団体がNPO法人化

4月30日号

弦楽合奏を堪能

弦楽合奏を堪能 文化

小泉ひろしさんが指揮

4月30日号

学生繋がる機会に

学生繋がる機会に 文化

団体の活動ウェブで紹介

4月30日号

展示スペースを一新

展示スペースを一新 文化

葉山まちづくり館

4月30日号

話題の場所に記者潜入

話題の場所に記者潜入 社会

レアな情報サイト

4月30日号

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 経済

中小企業の15事例掲載

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter