逗子・葉山版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

葉山町体育協会 「総合型クラブ」設立へ 体制強化へ法人化も視野

スポーツ

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
会長会の様子
会長会の様子

 葉山町体育協会(歌代光雄会長)が、総合型地域スポーツクラブの設立に向けて動き出した。体制強化のために法人化も視野に入れており、誰もが気軽にスポーツを楽しめる環境作りを目指す。

 今年度から2年間を「プレオープン期」と定め、準備を進めていく方針。今月3日には、初めての催しとして町テニス協会の協力のもと、ビーチテニスを一色海岸で開催した。

 総合型地域スポーツクラブとは、年齢や種目、レベルに関わらず「多世代」「多種目」「多志向」を柱に、地域住民により自主的・主体的に運営されるクラブのこと。国のスポーツ振興策として、1995年度からスタートし、全国の自治体で設立が進んでいる。

 隣の逗子市では、2006年に「うみかぜクラブ」が誕生。フィットネスやダンス、球技、文科系のメニューを用意し、逗子アリーナや第一運動公園で老若男女が汗を流している。「ジュニア向け」や「ママ向け」メニューのほか、イベントも開催。スポーツ振興のみならず、地域コミュニティの活性化にも寄与している。

 県スポーツ局によると現在、県内でクラブがないのは海老名市、中井町、大井町、真鶴町、湯河原町の5市町という。

監査で指摘

 町体育協会には現在、21団体が加盟し、会員は2200人にのぼる。「すべてのこどもたちにスポーツを」という合言葉のもと、各団体の連携強化や町民スキー学校、少年少女スポーツ体験講座などを開催している。

 ただ、事業に関する事務のほとんどを町生涯学習課が担ってきた。歌代会長によると「数年前から町の監査で、早く仕事を協会に移しなさいとご指摘を受けてきた」という。協会の法人化と体制強化、他地域で進む総合型地域スポーツクラブの設立が喫緊の課題となっていた。

 難題は活動場所の確保だ。他地域のように専用施設がないうえ、学校の体育館やグラウンドは既存の団体が融通し合っている状況。今月11日に開催された会長会で歌代会長は「空いている時間を使うなど各団体のご理解、ご協力をいただきつつ、葉山の海岸や野山、町内会館といった場所も活用していけたら」と理解を求めた。今後、体験会などの企画を開催し、協会ホームページや町広報などを活用して周知していくという。

葉山つつじカードが届きます!

6月1日から取り扱い店舗で使えます

https://hayama.yomsubi.com/

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6

那須町と友好都市協定

葉山町

那須町と友好都市協定 社会

御用邸が縁で交流促進へ

5月14日号

「スマイル」も接種会場に

逗子市

「スマイル」も接種会場に 社会

6月2日から運用開始予定

5月14日号

ワクチン接種リハ実施

逗子市

ワクチン接種リハ実施 社会

本番向け課題を抽出

4月30日号

ワクチン接種に無料バス

葉山町

ワクチン接種に無料バス 社会

利便性と接種率向上目指す

4月30日号

10施設で再生エネ導入

逗子市

10施設で再生エネ導入 経済

脱炭素社会へ本腰

4月16日号

「総合型クラブ」設立へ

葉山町体育協会

「総合型クラブ」設立へ スポーツ

体制強化へ法人化も視野

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter