逗子・葉山版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

10年目の被災地【2】 現地で感じ、考えたことを伝えたい 3・11つなぐっぺし

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena

 学生ボランティアバスツアー1日目。私達は福島県双葉町にある、東日本大震災原子力災害伝承館を訪れました。

 津波の恐ろしさや原発事故について様々な資料に触れながら知ることができる場所です。津波によって大きく曲がったガードレール、漂流したランドセルやぬいぐるみ…。これらを見た時には「悲しみ」や「儚さ」と言った言葉だけでは表現できない、なんとも言えない感情が胸に押し寄せてきました。

 原発について住民の方にはずっとその安全性が伝えられ、まさかあんな事が起きるとは信じられなかったとの話を聞いた時は、すごく憤りを感じました。一瞬にして帰る場所が無くなった人がたくさんいる事。どれだけの人が苦痛を味わったのか。想像しても、しきれません。今なお続く廃炉作業と、帰ることができない街。同じ日本なのに、なぜ忘れられつつあるのか、改めて考えさせられました。

 福島で見て聞いて感じたものを伝えて行くことが私達のやるべきことです。その一環として、8月16日に「ZUSHI ROCK」というイベントの開催に向けて準備していましたが、緊急事態宣言のため中止としました。感染状況が落ち着いたら、福島の話や撮った写真などを伝える企画を行う予定です。〈続く〉

逗子・葉山版のコラム最新6

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

「やぎ座を探そう」

9月24日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

「星の美しい町」

9月10日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

「二百十日」

8月27日号

これからも被災地とつながり続ける

10年目の被災地【3】

これからも被災地とつながり続ける

3・11つなぐっぺし

8月27日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

「星空観察の必需品」

8月6日号

現地で感じ、考えたことを伝えたい

10年目の被災地【2】

現地で感じ、考えたことを伝えたい

3・11つなぐっぺし

8月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook