逗子・葉山版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

密避けて三社巡って 13日から開運半島詣り

社会

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
特別奉製された開運札
特別奉製された開運札

 三浦半島に鎮座する3つの神社が連携して実施する「開運半島詣り」が、9月13日(月)から始まる。

 コロナ禍が長引くなか、運動不足や鬱屈した気分を少しでも吹き飛ばしてもらおうと各神社の宮司や祢宜が企画したもの。今春初めて開催し、多くの人が参加。近年の「御朱印人気」や期間限定企画ということもあり、ドライブがてら巡る人や、電車やバスのほか徒歩で訪れる人もおり、好評だった。

 今回も葉山町の森戸大明神、横須賀市浦賀の西叶神社、三浦市三崎の海南神社が参加。それぞれ、この企画限定の御朱印(初穂料500円)を用意しており、3社すべてを巡って揃えると、特別奉製した「開運札」を受け取ることができる。開運守りも用意し、3体すべて集めた人には専用の金字刻印ケースを授与するという。

 「感染症対策を講じたうえで、密を避けてそれぞれの神社にお参りください。神社の歴史や、地域に根付く伝統文化に触れる機会になれば」と関係者は話している。詳細は各神社のホームぺージで発信している。開運札などの配布が規定の枚数に達し次第終了。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook