逗子・葉山版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

町在住山口夫妻 「お米」が持つ魅力 世界へ 「三河みりん」とコラボ

社会

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena
上山口の棚田で新作パッケージを持つ山口さん
上山口の棚田で新作パッケージを持つ山口さん

 葉山町上山口の棚田に魅了された夫婦が、その素晴らしさを多くの人に知ってもらおうと「葉山アイス」を作って3年。2人は「日本のお米と田園風景の素晴らしさを世界に発信したい」と新ブランドを立ち上げ、米を原材料にした食品メーカーとコラボを始めた。

 山口冴希さん=人物風土記で紹介=夫妻は2015年、葉山に移住。知人の紹介で、上山口の棚田で米作りに関わるようになった。棚田での作業は「人手は倍、収量は半分」とされ、全国で担い手が減少。しかし、四季とりどりの風景や受け継がれている先人たちの知恵、そこに住む生き物たちなど「収穫量だけでははかれない価値を多くの人に知ってほしい」と、限られた量でも多くの人が味わうことができるアイスに着目した。

 冴希さんは試行錯誤を重ね、2018年に「葉山アイス」を開発。収穫した米で作った甘酒を使い、ココナッツミルクと豆乳、そしてきび砂糖で甘さを出した。乳製品や卵を使わず、子どもから高齢者まで食べられるよう工夫。優しい味わいのアイスはたちまち評判になり、葉山ステーション等で販売しているほか、町ふるさと納税返礼品にも選ばれている。「棚田アイス」は熊本や岡山、長野、高知など全国に広がり、その土地で栽培された「棚田米」を使って製造・販売されている。販売価格のうち10円を棚田振興のために寄付しているのも特徴だ。

 そんな2人が新たなプロジェクトを開始した。「DEN+EN ICE CREAM」と題し、米関連の食品メーカー等とコラボしたアイスクリームを通じて、日本のお米と田園風景の素晴らしさを世界へ発信するというもの。第1弾として「三河みりん&カカオ」を開発。10月12日(火)までクラウドファンディングサイト「 Makuake」で先行販売している。10月2日時点で527人がサポートし、購入金額は360万円を超えた。冴希さんは「応援してくれる人がいて嬉しい。お米の可能性を伝えたい」と意気込んでいる。詳細は【URL】https://www.beatice.jp/

逗子・葉山版のトップニュース最新6

11月から2次販売開始

プレミアム付き商品券

11月から2次販売開始 経済

葉山町民も購入可能に

10月22日号

手がけたイラスト案内役に

葉山在住樋口さん

手がけたイラスト案内役に 文化

横須賀美術館の展示

10月22日号

2選手が関東大会へ

逗子高校陸上部

2選手が関東大会へ スポーツ

「来年につながる結果を」

10月15日号

市内各地で芸術に触れる

市内各地で芸術に触れる 文化

15日から逗子アートフェス

10月15日号

「お米」が持つ魅力 世界へ

町在住山口夫妻

「お米」が持つ魅力 世界へ 社会

「三河みりん」とコラボ

10月8日号

デマンドタクシーの実証実験

逗子市

デマンドタクシーの実証実験 社会

アーデンヒルと東逗子結ぶ

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook