逗子・葉山版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

逗子高校陸上部 2選手が関東大会へ 「来年につながる結果を」

スポーツ

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
関東大会への意気込みを語る(左から)石川さん、小杉さん
関東大会への意気込みを語る(左から)石川さん、小杉さん

 強豪として知られる県立逗子高校陸上部の生徒2人が秋の新人戦で好成績を残し、関東大会へ出場する。2人は統廃合される同校の最後の代。来年のインターハイを見据え、「最後の夏の大会につながるよう、全力を出し切りたい」と意気込んでいる。

 横浜市三ツ沢公園陸上競技場で先月、開催された神奈川県高校新人陸上競技大会。男子100mに出場した石川尚央さん(2年)と、5千m競歩の小杉ひかりさん(2年)がともに決勝で2位となり、関東大会への切符を手にした。

 石川さんは中学から陸上部に入った。逗子高ではハードル選手として練習を積んでいたが、股関節のケガに悩まされた。治療に専念したのをきっかけに、今春から100mに転向するとめきめきと実力を付け、「しっかりと走り込みができるようになり、仲間からアドバイスをもらいながら、自分の走りをものにすることができた」と笑顔で語る。

 県大会決勝では、自己ベストの10秒64をマーク。全国大会でも入賞を狙えるタイムをたたき出した。顧問は「チーム全員が驚くほどの急成長。ただ、もともとそれだけの伸びしろはあった。ここから上を目指してほしい」と語る。石川さんは「県大会では1位と0・01秒差で及ばず悔しい思いをした。リベンジするつもりで関東に臨みたい」と意気込んでいる。

 小杉さんは中学から中長距離を走り始め、入部後も1500mや3千mの選手として練習していた。今年6月に、周囲の勧めもあり競歩に挑戦。持ち前の粘り強さと練習熱心な姿勢で、一気に県内トップレベルまで成長。県大会では自己ベストを更新した。

 競歩は「常に左右どちらかの足が地面から離れないように歩く」「着地した足は体の真下に来るまで膝を曲げず、まっすぐ伸ばしておく」というルールがあり、違反すると失格になる。スピードだけではなく、スマホで動画を撮影してフォームをチェックするなど調整に励んだ。県大会で後塵を拝した1位の選手は全国トップクラスの実力を持ち、4分ほど離された。「関東での経験を糧に、来年にはこの4分差をなくしたい」と力強く語った。関東大会は10月23日(土)と24日(日)、茨城県で開催される。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

5周年記念し新コーナー

葉山ステーション

5周年記念し新コーナー 経済

地元ゆかりの事業者出店

11月19日号

「児童虐待がない世界に」

逗子在住坂元さん

「児童虐待がない世界に」 社会

来月公開の映画『189』に出演

11月19日号

早稲田氏が大接戦制す

衆院選神奈川4区

早稲田氏が大接戦制す 政治

山本氏は比例復活

11月5日号

新様式の音楽ライブ開催

逗子のレーベル会社

新様式の音楽ライブ開催 文化

感染症対策「見える化」

11月5日号

11月から2次販売開始

プレミアム付き商品券

11月から2次販売開始 経済

葉山町民も購入可能に

10月22日号

手がけたイラスト案内役に

葉山在住樋口さん

手がけたイラスト案内役に 文化

横須賀美術館の展示

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook