逗子・葉山版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

(PR)

めがねの荒木 逗子店 補聴器購入は専門店へ

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena

 日々の生活で「聞き返すことが多くなった」「テレビの音量が大きくなった」「大人数の会話が聞こえづらい」などの兆候はないだろうか。個人差はあれど40歳くらいから聴力が衰え始めるという。聞こえづらさは日常生活でじわじわと進むため、本人が気付きにくく、早期発見が大切だ。最近では、マスクで口元が見えず、より「聞き取りにくさ」を感じる人も多い。

 そんな「聞こえ」を補うのが補聴器。「めがねの荒木 逗子店」には、技術と知識を持った「認定補聴器技能者」が常勤しており、聞こえの状態を的確に把握してくれる。一人ひとりの生活・活動スタイルなどに合わせて、さまざまなタイプの補聴器を提案。店舗での試聴や装着のトレーニングのほか、自宅への貸出にも対応しており、場面に応じた聞こえのチェックも行う。

 補聴器は精密機械。購入後の調整やクリーニングも欠かせないため、専門の技能者が常駐する専門店は心強い。「気になることや相談は、すぐにお近くの店舗へ。快適な聞こえを取り戻しましょう」

■逗子市逗子5の1の9(逗子市役所前)、午前10時〜午後7時、年中無休【電話】046・870・5560

めがねの荒木 逗子店

逗子市逗子5-1-9

TEL:046-870-5560

https://www.hochoki-araki.jp/

逗子・葉山版のピックアップ(PR)最新6

口内炎が治りにくい

神 歯 大附属病院

口内炎が治りにくい

口腔がん検診のすすめ

1月21日号

補聴器購入は専門店へ

めがねの荒木 逗子店

補聴器購入は専門店へ

今年は「よく聞こえる」1年を

1月21日号

特製ナルゲンボトルいかが

特製ナルゲンボトルいかが

自治会や企業の記念品に

1月21日号

所有不動産で困っていませんか?

ウスイホーム逗子店

所有不動産で困っていませんか?

無料相談・無料査定を実施中

1月7日号

社交ダンスで若返る!?

社交ダンスで若返る!?

コロナ対策万全、認知症予防にも

1月7日号

時流に乗って次のその先へ

学校法人 神奈川歯科大学 鹿島勇理事長インタビュー

時流に乗って次のその先へ

先見性と行動力でアフターコロナ、ウイズコロナの時代を乗り切ろうとする鹿島勇理事長が掲げる2022年のスローガンは「時流に乗って次のその先へ」。慎重かつ大胆に、将来に向けた大学・病院経営の成長戦略を進めていく。

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook