逗子・葉山版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

逗子市 アプリ活用し健康増進 ポイント貯めると賞品も

社会

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
アプリのログイン画面
アプリのログイン画面

 逗子市はスマートフォンのアプリを活用した健康増進キャンペーンを行っており、参加者を募集している。

 コロナ禍による外出自粛で気力や体力が低下し、「フレイル」(虚弱状態)の人が増えていると言われるなか、自身の健康に意識を向けるきっかけにしてもらおうと企画したもの。神奈川県が作成したアプリ「マイME-BYOカルテ」を活用して、密にならず個人がスマホひとつで取り組めるのが特徴だ。

習慣身につけて

 来年1月末までの期間中、歩数や体重、血圧などをアプリに入力したり、メタボリスクや未病指数の算出、健診データの記録、緊急時に活用するアレルギーや常用薬などの情報を記録するとポイントが付与される。

 体重体組成計、血圧計やヨガマット、スポーツマスク、運動教室体験チケットなど、健康にまつわるの10種類の賞品が用意されており、ポイント数が高い参加者から「ごほうび」として選ぶことができる。

 参加対象は18歳以上の逗子市民。キャンペーン終了後も、健康管理ツールとして使うことができる。登録は無料。市の担当者は「キャンペーンを通じて、身体を動かしたり、数値をチェックする健康習慣を身につけていただけたら」と呼び掛けている。

 操作方法など詳細は市ホームページ内、国保健康課健康係「健康」ページに掲載。問い合わせは同課【電話】046・873・1111

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook