逗子・葉山版 掲載号:2022年5月27日号 エリアトップへ

(PR)

神歯大附属病院 がんの発見遅れに注意 「定期検診」ためらわずに

掲載号:2022年5月27日号

  • LINE
  • hatena

 全国的な傾向として、がんの発見が遅れていることがわかった。「日本対がん協会」ほかの研究結果によるもので、2020年度のがん診断数と切除手術数が前年比で1割減少しているという。理由として、新型コロナの感染不安による受診控えが背景にあるとされている。「がんは初期の自覚症状がないため、発見が遅れると治療の選択肢を狭めてしまうことになる」と神奈川歯科大学附属病院 画像診断科の池上匡教授=写真。適切な受診を呼び掛けている。

* * * *

 がんから命を守るには「予防」と「早期発見」が大切となる。中でも、人間ドックや各種の健康診断を受診することが有効な対策。先述のように、コロナ禍の受診控えで発見が見過ごされている状況があり、「進行した状態で見つかる患者が、これまで以上に増加することを懸念している」と池上教授。特に初期のがんは検診で見つかることが多いため、診断はためらわないで行ってほしいという。

 同院では、大学病院の設備を用いて、専門医(高血圧、糖尿病・内分泌、認知症・神経、画像診断、睡眠時無呼吸、消化器内視鏡)が総合的な外来診療を行っている。歯科大学病院の中のメディカルモールとして、がんを含め様々な疾患の発生予防や治療に対応している。

神奈川歯科大学附属病院

横須賀市小川町1-23

TEL:046-822-8877

http://www.kdu.ac.jp/hospital/

逗子・葉山版のピックアップ(PR)最新6

専門家に聞いてみる

士業スペシャリスト×ウスイホーム

専門家に聞いてみる

不動産・相続対象の個別相談会

6月24日号

「認知症=もの忘れ」は誤解

神歯大附属病院

「認知症=もの忘れ」は誤解

正しく理解が治療の第一歩

6月24日号

「子どもにも在宅で必要な歯科医療を」

小児訪問歯科診療を開始

「子どもにも在宅で必要な歯科医療を」

取材協力/葉山こどものための歯医者さん

6月24日号

お腹の音を聴こう

お腹の音を聴こう

関東学院大で体験型プログラム

6月24日号

梅雨は天井・壁のシミに注意

梅雨は天井・壁のシミに注意

「雨漏り」前に対処を

6月24日号

「聞こえの不安を感じたら」

めがねの荒木 逗子店

「聞こえの不安を感じたら」

補聴器相談会6月26日まで

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook