逗子・葉山版 掲載号:2022年7月22日号 エリアトップへ

神奈川県原爆被災者の会副会長で葉山支部会長を務める 福島 富子さん 葉山町在住 77歳

掲載号:2022年7月22日号

  • LINE
  • hatena

着物が紡ぐ平和への願い

 ○…ある時は着物のことならなんでも相談に乗ってくれる「親切な着付けのおばちゃん」。また、ある時は核兵器の恐ろしさや、平和を希求することの大切さを伝える語り部として活動する。心の支えでもある大好きな着物は自身を後押しし、世代や国境を越えてその思いを紡いでいる。

 ○…生後7カ月の時、長崎で被爆した。その後、4歳でおばの家に預けられて育った。和裁や着物が身近で「えんぴつより針を持つ方が好きだった」という。1973年、夫の仕事の関係で、葉山に移り住んだ。「当時はスーパーもなくてびっくりした」と笑いながら振り返る。兄の勧めで被爆手帳を取得。会にも入った。被爆の記憶がないため長い間自覚はなく、「こじんまりした規模だから入れた」といい、自分の親ほど年の離れている「先輩」たちをサポートした。転機となったのは2011年の原発事故。「何かしないといけない」と語り部活動を始めた。「先輩たちのようには話せない」と悩んだ時期もあったが、特に子どもたちに伝わるよう読み聞かせの訓練に励んだ。現在も地元小中学校のほか、さまざまな場で講師を務めている。

 ○…育ての母の着物に「和」「Peace」の文字をあしらった帯を締め、核廃絶運動の節目に海外へ行ったことも。「おばに恩返しができたと思う」。昨年6月には若者の依頼でYouTube用に証言を収録。その縁で8月9日に長崎で直接会い、意気投合した。核兵器禁止条約初の締結国会議にあわせ、オーストリアを訪れるという彼女たちに大急ぎで着付けを教え、「和」の帯と振袖を託した。現地で立派に着こなし、活動する姿を見て「若い子たちの思いと行動力に感動した。少しは私らしいことができたと思う」と目を細めた。

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版の人物風土記最新6

日高 靖夫さん

スポーツ界におけるメンタル指導の啓蒙を行う

日高 靖夫さん

葉山町在住 47歳

8月5日号

福島 富子さん

神奈川県原爆被災者の会副会長で葉山支部会長を務める

福島 富子さん

葉山町在住 77歳

7月22日号

青柳 三保子さん

「ラブ&ピース」を主宰する

青柳 三保子さん

逗子市在住

7月8日号

石井 優愛さん

逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める

石井 優愛さん

川崎市在住 22歳

6月24日号

守屋 重雄さん

葉山・山楽会の会長を務める

守屋 重雄さん

葉山町在住 69歳

6月10日号

増田 竜雄さん

中小企業診断士で、はやま里づくりクラブを主宰する

増田 竜雄さん

葉山町在住 54歳

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook