逗子・葉山版 掲載号:2022年8月5日号 エリアトップへ

スポーツ界におけるメンタル指導の啓蒙を行う 日高 靖夫さん 葉山町在住 47歳

掲載号:2022年8月5日号

  • LINE
  • hatena

スポーツの未来を明るく

 ○…メンタルコーチの知見をいかし、ジュニアアスリート向けの啓蒙活動を本格的に始めた。その第一弾として、オリジナルのノートとカードを製作。全国の子どもたちに届けている。「パワハラなどスポーツ指導の負の部分をなくし、子どもたちの笑顔やスポーツを愛する人が増えたら」と意気込んでいる。

 ○…九州の出身。小学生の頃からサッカーや野球に熱中した。サラリーマンを経験するもスポーツに関わる仕事を諦められず、ゴールドジムのパーソナルトレーナーに転身。10年間で5千人以上の指導を行い、チーフも務めた。2014年に独立。葉山でパーソナルジムを立ち上げ、美や健康をサポートしている。

 ○…カラダに関する知識や指導法を探求していくうちに、自然とココロの大切さに行き着いた。同時に、一流選手が精神面での不調で大会を欠場したり、依然としてパワハラなどがなくならない現状に危機感を抱いた。「スポーツは心技体が大切と言われながら、プロチームでもメンタルの専門家がいるチームはほとんどない。それならば将来を担う子どもたちへ種まきしようと考えた」。「メンタルコーチ」の資格を取得し、ともに学んだ仲間とともに一般社団法人を設立。お互いの才能を書いて送りあう「グリーンカード」を受け取った子どもが「先輩がこんな風に思ってくれていたなんて」と感激し涙したエピソードで、思いは確信に変わった。

 ○…上下関係や強引な精神論でおざなりにされていた「自分や他者と向き合い、繋がること」が起爆剤になると信じている。「近い将来、体調を整えるように、ココロも整えるのが当たり前の世界にしたい。スポーツをする人だけでなく、世の中全体が明るく楽しくなると思うんです」

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版の人物風土記最新6

日高 靖夫さん

スポーツ界におけるメンタル指導の啓蒙を行う

日高 靖夫さん

葉山町在住 47歳

8月5日号

福島 富子さん

神奈川県原爆被災者の会副会長で葉山支部会長を務める

福島 富子さん

葉山町在住 77歳

7月22日号

青柳 三保子さん

「ラブ&ピース」を主宰する

青柳 三保子さん

逗子市在住

7月8日号

石井 優愛さん

逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める

石井 優愛さん

川崎市在住 22歳

6月24日号

守屋 重雄さん

葉山・山楽会の会長を務める

守屋 重雄さん

葉山町在住 69歳

6月10日号

増田 竜雄さん

中小企業診断士で、はやま里づくりクラブを主宰する

増田 竜雄さん

葉山町在住 54歳

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook