藤沢版 掲載号:2011年1月28日号
  • googleplus
  • LINE

綾瀬スマートIC 「一刻も早い開設求めていく」 「地区協議会」発足 海老根市長が副会長に

あいさつする黒川会長
あいさつする黒川会長

 綾瀬市小園付近から東名高速道路にアクセスできる新たなインターチェンジ(IC)の開設へ向け「地区協議会」が発足し、17日に綾瀬市役所で初の会合が開かれた。

 今年5月下旬までに実施計画書の最終確認を進める計画で、平成29年度までの供用開始を目指す。

 協議会の会長には、東京工業大学の黒川洸名誉教授、副会長には笠間城治郎綾瀬市長と海老根靖典藤沢市長が着任した。

 笠間市長は「IC開設を今後のまちづくりの基軸と位置づけている。1年でも早い段階での開設を求めていく」と述べた。

 海老根市長は「ICの開設は藤沢市にとっても悲願。実現へ向け、今日、第一歩を踏み出すことができた」などと話し、協議会発足を評価した。

 また、綾瀬市商工会の斉藤敬訓会長は「綾瀬は5つの工業団地を持ち、1600の事業所を抱えるが、交通の便が悪い。一刻でも早くというのが、商工会としての希望」と早期の開設を熱望した。

 この日の会合では事務局がETC専用となるスマートICの概要について説明。従来型のICに比べ、低コスト化が実現できるなどのメリットを紹介した上で、県道42号線・寺小橋西側を計画地とした綾瀬ICの検討案などを示した。

 委員からはICを待望する声が大半を占めたが、「IC付近は事故件数が多い。アクセス道路との潤滑性を持った道路になるよう進めていきたい」「住宅地への車両進入が懸念される。幹事会で検討してほしい」など今後、検討すべき課題なども出された。
 

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

清らかな歌声 総合3位

"3人4脚"で東海道行脚

総合高出身バンド「チロル」

"3人4脚"で東海道行脚

3月16日号

ロボット作りに挑戦

新型車両が運行開始

ロマンスカー

新型車両が運行開始

3月16日号

集まれ、藤沢ゆかりの40歳

藤沢でも観測可能

ダイヤモンド富士

藤沢でも観測可能

3月16日号

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

ピースウォークinふじさわ

一緒にウォーキングしながら、国際平和や社会貢献をPRしませんか。

https://www.peace-walk.com/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平面・立体の面白さを

平面・立体の面白さを

鈴木滋子さんの作品展

3月13日~4月1日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク