藤沢版 掲載号:2011年6月10日号
  • googleplus
  • LINE

この春、NPO法人として承認を受けた「里地里山景観と農業の再生プロジェクト」代表 冨田 改さん 遠藤在住 65歳

遠藤の自然 次世代へ

 ○…目指すのは農業の再生、地域の活性化、そして何よりも「遠藤」の自然を次世代に残すこと。例えば、耕作放棄地を活用した農業体験。貸し農園として、地元の藤沢市民をはじめ近隣の幼稚園・保育園に使ってもらう。種まきから収穫までパックにして案内し、作った野菜は自分で食べ、余ったら直売所で販売できないか─。直売所の名前も「遠藤 楽市楽座」と考えている。市民に遠藤に来てもらう仕掛けとして、ヤマユリ、梅、ろう梅、四季おりおりの草花が見られる植物園、エビネの里、菖蒲園の計画も温めている。「今は下準備の段階。いずれ藤沢市北部の観光拠点となるような場所に」と夢は膨らむ。

 ○…自身も農家の次男として育つ。秋葉台小学校、小出中学校、湘南高校から千葉大学へ進む。学生時代、家を手伝いながらの通学でわかったのは「農業じゃ食えない」こと。「うちもじーちゃん、ばーちゃん、かーちゃんの三チャン農家の典型だったよ」。卒業後、造園業を立ち上げ、代表として各地を飛び回る毎日だ。

 ○…時代とともに遠藤の景色も変わった。谷戸は埋め立てられ、宅地あるいは資材置き場になり、雑木林は手入れもされず荒れていく。「緑でメシが食えるか」という現実の一方で、遠藤の自然に育てられたからこそ地域の「価値」を上げていくのが大きな目標。ヒントはたくさんある。海外旅行先で見た地場野菜を使ったレストラン。人が集まり、現金収入がある。今月、農業収穫体験のできるソレイユの丘(横須賀市)を会のメンバーと見学した。「遠藤でも十分可能性はある」。

 ○…メンバーは男女合わせて15人。多くは、企業をリタイアした地元の人たち。「定年で終わりなんじゃなく、そこから死ぬまでが大事。命ある限り精一杯生きる。その生きる場所を遠藤に創りたい」。
 

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6件

宮久 雪代さん

3月24日から作品展を開く「藤沢市自閉症児・者親の会」の会長を4月から務める

宮久 雪代さん

3月16日号

古木 克明さん

3月10日にトレアージュ白旗店の有隣堂で講演会を開く、元プロ野球選手の

古木 克明さん

3月9日号

秦 万里子さん

東日本大震災時の支援に感謝を込めた演奏会を毎年開いているシンガーソング・ライター

秦 万里子さん

3月2日号

森井 康夫さん

NPO法人藤沢災害救援ボランティアネットワーク(FSV)の代表を務める

森井 康夫さん

2月23日号

二見 将幸さん

江の島観光会の会長に就任した

二見 将幸さん

2月16日号

鷹取 昭さん

10年かけ神奈川県内の「庚申塔」を調べ、1冊にまとめた

鷹取 昭さん

2月9日号

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

ピースウォークinふじさわ

一緒にウォーキングしながら、国際平和や社会貢献をPRしませんか。

https://www.peace-walk.com/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平面・立体の面白さを

平面・立体の面白さを

鈴木滋子さんの作品展

3月13日~4月1日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク