藤沢版 掲載号:2011年6月24日号
  • googleplus
  • LINE

ピーク時の節電30%問われる行政手腕 デスク・レポート

社会

 ▼藤沢市では、政府からの夏のピーク時における電力使用量15%の削減要請を大きく上回る30%削減を市庁舎の節電目標に掲げた。

 ▼藤沢市役所の昨年の電力ピークは8月31日の1061kW。ここから318kWの削減を含む「Fujisawa―30%節電アクション」を先月の記者会見で発表した。管財課によると昨年のピーク時で換算すると1時間あたり約3900円減。7月から9月下旬の約3カ月で約180万円の削減を目指すという。

 ▼果たして実現可能なのだろうか。市職員や市議からも疑問視する声があがっている。環境都市政策課では「あくまでも理論上の数字の積み上げだが、30%に根拠がないわけではない。市民や事業者に節電をお願いする立場として、できうる最大の数値。実現の可能性は高いと考える」と語っている。

 ▼市の計画では、「照明・空調設備・事務用OA機器等の使用抑制による節電」で、フロアからの節電を第一にあげる。具体的には本庁舎にある6450本の直管蛍光灯を3225本にすることで129kW減、空調は28度を厳守、吹き出し口を半分ずつにすることで119kW減、パソコンのディスプレイやプリンター等の電源オフで70kW減、合計318kWとなる。東電管内の電力需要が供給量を上回りそうな場合、さらに市庁舎は「デマンドカット」で段階を踏み、間引後照明の全消灯、エレベータの停止、空調設備の停止を行う、としている。

 ▼夏のピーク時には気温や湿度の上昇、暗い庁舎など、市民サービスの低下が懸念される。職員組合は、「節電は大事だが、職員も市民も必ずしも健康な人ばかりではない。デマンドカットで空調やエレベータが停止した場合、健康を害する人も出るだろう。しわ寄せはいつも市民だ」と話す。これに対して同政策課では、照度、温度などのチェックを複数回行うとし、「市民が訪れるカウンター付近や相談窓口では、照明の間引き50%にはこだわらない。市民サービスの低下は絶対あってはならない」とした。

 ▼一部の市民から「30%はパフォーマンスでは」との声もあるが、市民サービスが低下するようでは本末転倒だ。決してそうあってはならない。今夏、海老根市政の手腕が問われる。
 

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

ピースウォークinふじさわ

一緒にウォーキングしながら、国際平和や社会貢献をPRしませんか。

https://www.peace-walk.com/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平面・立体の面白さを

平面・立体の面白さを

鈴木滋子さんの作品展

3月13日~4月1日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク