藤沢版 掲載号:2011年10月28日号
  • googleplus
  • LINE

藤沢市自立型復興支援プラン 26世帯68人が生活 今後も継続的にバックアップ

経済

 東日本大震災を受け、藤沢市では5月より、被災地の「生活者」「企業」「農業・商業者」を受け入れ、ワンパッケージで全面的に支援する「藤沢市自立型復興支援プラン」を実施。第1期(5月)から第3期(10月)までの募集を終え、46世帯125人からの申し込みがあり、26世帯68人が藤沢市で生活している(10月18日現在)。

 46世帯の内訳は、福島県が37世帯、宮城県が5世帯、岩手県が4世帯。1世帯あたりの平均人数は2・72人だという。

 住宅は、NTT辻堂住宅に23世帯、善行坂住宅に2世帯、市民提供住宅(大庭)に1世帯が暮らしている。

 就労は、藤沢市臨時職員が11人、アンテナショップが4人、民間企業11人、福祉施設5人の計31人。「自分の経験を生かした仕事に就きたい」「スキルアップにつながる仕事がしたい」などの要望が寄せられているという。

 今後の対応について藤沢市では、「1年から2年の計画で行っているが、個別で相談があった場合は、対応していく。今後も生活面、就労面で支援していきたい」と話している。

アンテナショップ通じ被災者支援を

 8月に遊行通り4丁目商店街にオープンしたアンテナショップ「岩手・宮城・福島観光物産プラザ」。オープンしてからの総売上げは540万円(10月17日現在)。1日平均8万7000円だが、売上げは伸び悩んでいるという。1日平均で8月が10万7000円だったのに対し、9月は7万5000円、10月も7万8000円(10月17日現在)という。市では「特産品の販売を通じて、被災地の経済活動の促進を目指したい。ぜひ足を運んでください」と呼びかけている。
 

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

清らかな歌声 総合3位

"3人4脚"で東海道行脚

総合高出身バンド「チロル」

"3人4脚"で東海道行脚

3月16日号

ロボット作りに挑戦

新型車両が運行開始

ロマンスカー

新型車両が運行開始

3月16日号

集まれ、藤沢ゆかりの40歳

藤沢でも観測可能

ダイヤモンド富士

藤沢でも観測可能

3月16日号

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

ピースウォークinふじさわ

一緒にウォーキングしながら、国際平和や社会貢献をPRしませんか。

https://www.peace-walk.com/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平面・立体の面白さを

平面・立体の面白さを

鈴木滋子さんの作品展

3月13日~4月1日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク