藤沢版 掲載号:2011年12月9日号
  • googleplus
  • LINE

ライフタウン市境問題 住民目線で解決策を 地域団体が藤沢、茅ヶ崎の両市議招き懇談会

ライフタウンを一つの街にと住民らが訴えた
ライフタウンを一つの街にと住民らが訴えた

 藤沢市と茅ヶ崎市に一部跨って位置する湘南ライフタウン。この地域の市境問題を解決していこうと「藤沢・茅ヶ崎両市議会議員と住民との懇談会」が先月12日、藤沢市大庭の湘南大庭市民センターで開催された。

 昭和42年から開発が始まった湘南ライフタウン。入り組んでいた市境は当時、開発終了後に同面積分を交換することで境を設ける旨が決まっていた。しかし藤沢から茅ヶ崎に編入する住民らから反対の声が上がり、1988(昭和63)年に藤沢市が茅ヶ崎市に変形調整案を提出。これが茅ヶ崎市側の面積減少案となっていたことから茅ヶ崎市が反発、以降協議が行われず、様々な問題が起こっているのが市境問題だ。

 今回の懇談会は昨年に続き2回目。当日は藤沢から10市議、茅ヶ崎から6市議のほか、地域住民ら約30人が参加した。会合では住民から救急や学区、公共施設の利用など、現状や不満が市議へ投げかけられた。市議からも「様々な所にある市境問題とは違うという認識が必要」「地域住民の目線で考えたらライフタウンに市境を設けてはいけないのでは」といった声が挙がっていた。

 懇談会を主催した同地区市境問題連絡協議会の丸山仁事務局長は「31年間この運動が行われているが、両市がまともに協議を進めていないことに疑問を感じる。ライフタウンは一つの町なんだという気持ちをまずわかって欲しい」と話していた。
 

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

清らかな歌声 総合3位

"3人4脚"で東海道行脚

総合高出身バンド「チロル」

"3人4脚"で東海道行脚

3月16日号

ロボット作りに挑戦

新型車両が運行開始

ロマンスカー

新型車両が運行開始

3月16日号

集まれ、藤沢ゆかりの40歳

藤沢でも観測可能

ダイヤモンド富士

藤沢でも観測可能

3月16日号

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

ピースウォークinふじさわ

一緒にウォーキングしながら、国際平和や社会貢献をPRしませんか。

https://www.peace-walk.com/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平面・立体の面白さを

平面・立体の面白さを

鈴木滋子さんの作品展

3月13日~4月1日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク