藤沢版 掲載号:2012年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

初期症状は微熱が続く、食欲が出ない、むせる… Q・肺炎について詳しく教えて? 検査・ワクチンで予防を 取材協力/湘南ホスピタル

「心と体の両面に行き届いた医療・看護・介護を」と語る木原院長
「心と体の両面に行き届いた医療・看護・介護を」と語る木原院長

 昨年来、マイコプラズマ肺炎が流行している。肺炎は免疫力が低下していると罹りやすく、特に高齢者らにとっては悪化すれば死に至る病気の一つ。日本人の死因の第4位となっている。

 今年83周年を迎える「湘南ホスピタル」の木原明子院長によると、肺炎は健康な人も、病気を患い免疫力が低下している人も罹るという。

 代表的なものは、「肺炎球菌性肺炎」や前述の「マイコプラズマ肺炎」などで、その他多くの病原性が弱い菌でも、体内に入って肺炎を起こす可能性がある。

 肺炎は、風邪や疲労時に罹りやすく、ぜんそくやCOPD(煙草が原因の慢性閉塞性肺疾患)など、肺の病気を患っている人は特に注意が必要だ。インフルエンザワクチンと同じように、肺炎球菌のワクチンもある。

 藤沢市は、昨年8月から今年3月末まで「高齢者肺炎球菌ワクチン接種の助成」を開始。対象は藤沢市に住民登録または外国人登録があり、接種日の時点で75歳以上の人。1回の接種で5年以上の免疫が持続するといわれ、肺炎球菌感染症の約80%を予防できるとされている。

 また、高齢者に多くみられるのは「誤嚥(ごえん)性肺炎」と呼ばれる肺炎。物を飲み込む機能が低下し、自分でも気付かないうちに唾液や食べ物などが、胃ではなく気管と肺に流れてしまう。

 木原院長は「微熱が続く、食欲が出ない、むせるなどといった体の不調は、肺炎の可能性も」とし、「ある年齢を境にむせやすくなった人などは、まず肺のX線検査や、飲み込む機能を調べる検査を受けてほしい。機能に見合った食べ物や栄養の摂り方を選び、肺炎を予防できることも」と話す。

 「まずは、患者の不安を解消することが医師の役目。些細な質問でも丁寧に答えて、地域の人に安心してもらいたい」と木原院長。地元の内科病院として、地域医療に尽力する湘南ホスピタルは「人を暖かく迎える医療」「地域の健康の守り手」「高齢者をささえる医療」「心を大切にする医療」を理念に掲げている。
 

湘南ホスピタル

藤沢市辻堂3-10-2

TEL:0466-33-5111

http://www.shohos.org/

藤沢版のピックアップ(PR)最新6件

スギ花粉に「舌下免疫療法」

自宅で服用、体質改善に

スギ花粉に「舌下免疫療法」

2月16日号

専門家に聞いてみる

相続・不動産・空き家

専門家に聞いてみる

2月16日号

禁煙ポスター募集

藤沢市薬剤師会

禁煙ポスター募集

2月16日号

相続・後見・不動産無料相談会

NPO市民後見さざなみネット主催

相続・後見・不動産無料相談会

2月16日号

無料の「スマホ使い方教室」

専任講師がスマホ教室

参加無料

専任講師がスマホ教室

2月9日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク