藤沢版 掲載号:2012年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

「みんなで創る藤沢の会」市政への提案【1】 意見広告 藤沢市政への5つの提案

 みなさんはじめまして。私たちは、藤沢市民みんなの手で良い市政を創ろうと集いました「みんなで創る藤沢の会」です。まず始めに立ち上げメンバーである鈴木つねおより、皆を代表して一言申し上げます。

**********

 私、鈴木つねおは藤沢に生まれ育ち、市議4期、県議5期、30年余り市民の皆様と共に藤沢市政に携わってまいりました。

 その間の一貫した想いは「みんなが安心して暮らせる藤沢」「みんなが伝統や歴史を誇れる藤沢」「みんなで一緒にふるさとを創りあげてゆく藤沢」を実現することにありました。

 しかし、昨今その藤沢の良き流れが途絶え、行政の基礎となるはずの『公正・効率・信頼』を損ねる事象が多々見受けられ、私自身市政に対して大変な危機感を抱きました。

 さらに、昨年3月11日の東日本大震災以降、幾たびか津波や震災の被災地へ支援に入る度に、「明日、藤沢もこういう状況になってしまうかもしれない。しかし今の藤沢にその備えはあるのだろうか」と不安を抱くようになりました。

 これからの藤沢の未来を考えたときに、藤沢で地方自治に長く携わった生粋の藤沢っ子として、皆さんと共にこれからの市政を変革し、安心して暮らせる『郷土愛あふれる藤沢』を創り上げていくことが、私に与えられた最後のご奉公の場と決意し、平成23年「みんなで創る藤沢の会」を立ち上げるに至りました。

 「みんなで創る藤沢の会」では皆さんに5つの活動目標をご提案するほか、広くご意見を集め、これを市政に働きかけて参りたいと思います。

【1】法とモラルを守る健全な市政を取り戻しましょう

・今、問題となっている「市政における法令の遵守」を徹底させましょう

・さらにモラルを高め、市民が誇りを持てる藤沢市政を回復しましょう

・市長が突出する市政を改め、市民と手を取り合い、バランスのとれた住民参加の仕組みを作りましょう

【2】財政赤字の原因となったバラマキを止め、財政健全化を実現させましょう

・議会のチェック無く土地を取得できる、土地開発公社を見直させましょう

・3年間単年度収支赤字となっている財政の黒字転換を目指しましょう

・議会に働きかけ、市長退職金を見直しましょう

【3】豊かな自然と観光資産を活用し、市民が主役の産業振興・地域活性化を推進しましょう

・外部から資本を導入して行う「外発的発展」より、市内で経済が回る「内発的発展」を優先し、市民自らが産業振興・活性化を行える拠点を作りましょう

・湘南地区の中核都市としての景観に配慮した、美しい街並みを実現しましょう

【4】東日本大震災をふまえ、生命と資産を守りつつ、可能な限り事前に災害に備える『藤沢災害対策モデル』を構築しましょう

・災害を「地震」「津波」「原子力」「疫病」の4パターンに分け、災害発生時の避難手順・避難経路・避難場所を各戸向けに案内した『藤沢災害ナビ』を全戸配布、ホームページの作成や、スマートフォンアプリの提供を実現させましょう

・災害時に備え、事前に準備できるボランティア組織の構築、市民の域外一時待避の計画作り、機材拠出の契約を行い、災害時の即応体制を整備させましょう

・多数の方から寄せられた「藤沢に巨大堤防はそぐわない」という意見を尊重、防災から減災にシフトし、海に親しむ環境を残しつつ海岸地域の資産価値を損なわない、新しい津波対策を策定させましょう

【5】高齢者や立場の弱い人も安心して住める「郷土愛あふれる藤沢」を作りましょう

・高齢者や障がいのある方などへの施策を充実するとともに、藤沢の皆さんの間で「絆」が醸成され、助け合いがより手厚く行われ、地域コミュニティの再生や防犯対策に寄与する交流スペースの整備と、セーフティネットになる『心の相談室』を実現させましょう
 

みんなで創る藤沢の会

神奈川県藤沢市藤沢1-1-5

TEL:0466-55-0010

http://tsunesan.de/

藤沢版の意見広告・議会報告最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク