藤沢版 掲載号:2012年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

藤沢翔陵高校 陸上部 駅伝 都大路で25位の健闘

スポーツ

師走の京都の街を駆け抜けた
師走の京都の街を駆け抜けた

 藤沢翔陵高校(篠原充校長)の陸上部は先月25日、京都市で行われた「平成23年度全国高等学校駅伝競走大会(男子7区間42・195Km)」で、予選タイムを2分上回る2時間8分57秒を記録。25位に入る健闘を見せた。

 神奈川県代表として出場した藤沢翔陵は、1区小泉雄輝選手(3年)が区間28位と粘り、2区石井秀昴選手(2年)が区間10位と快走。3区森夏樹選手(3年)も区間14位の走りで順位を16位まで押し上げた。4区畔桺揮選手(2年)、5区鈴木涼太選手(2年)、6区大川一成選手(1年)、7区小町昌矢選手(1年)の各選手もタスキを繋ぎ記録に貢献した。

 優勝は世羅高校(広島県)で、記録は2時間3分50秒だった。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク