藤沢版 掲載号:2012年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

2011年救急出場 過去最多の2万件超 東日本大震災の影響も

社会

 藤沢市消防本部が5日にまとめた2011年の「救急の状況(速報値)」によると、昨年の救急出場件数が2万429件で、統計を取り始めた1954年以来、過去最多を記録、初めて2万件を超えたことがわかった。最も多かった昨年から505件増加。

 救急出場の内訳は、急病が最も多く1万2927件。昨年と比べ424件増えた。次いで一般負傷は288件増加し、3091件。交通事故は27件減少し、1946件だった。

 増加が最も目立った3月は1727件で、昨年から214件増加。同消防本部は、統計からの推測としながら、「東日本大震災や停電に伴うストレスなども潜在的な要因では」と話す。震災や計画停電が直接の要因となった救急は、交通事故や転倒など15件だった。

 熱中症による搬送人数も過去最多の145人。「平年よりは暑かったが、一昨年ほどの猛暑ではなかった。『節電の夏』の影響も少なからずあったのでは」と同課は推察する。出場数全体でも7、8月の合計で一昨年から123件増えた。

「タクシー代わり」やめて

 市内の救急車の1日あたりの平均出場件数は55・96件で、約25分に1回の割合で救急車が出場、市民21・6人に1人が利用した計算になる。119番にかかってくる電話の中には「今日は息子夫婦が仕事で不在なので病院まで連れて行ってほしい」、「通常に受診すると順番待ちが長くて待てないので早く診てもらいたい」、などの通報もあったという。同本部では「救急車は本当に必要なケースで呼んでもらいたい」と適正利用を呼びかけている。

 一方で、重症者による出場要請も増加しており、適正利用も徐々に前進。「日頃の体調管理が病気予防には大切」と同本部は話した。
 

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク