藤沢版 掲載号:2012年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

地域防災力を強化 江の島で防災訓練

社会

リヤカーを使った訓練も
リヤカーを使った訓練も

 藤沢市消防本部は17日、東日本大震災を教訓とし、「南関東地震」を想定とした「津波対応災害時要援護者支援強化訓練」を江の島で実施。同本部、南消防署、消防団や江の島の各町内会、藤沢市観光協会など約160人が参加した。

 この訓練は、震災時に消防団と地域住民が連携し、災害時要援護者支援体制を確立することを目的としている。

 当日は、午前9時に相模トラフを震源とするM7・9の地震が発生、震度6強の地震と火災発生を想定して行われた。訓練では、要援護者をリヤカーと担架に乗せ避難所となった江の島市民の家まで誘導。大津波警報が発表されると、高台へ移動した。

 同本部警防課では「消防団と地域が連携協力することで、津波への対応を再確認できた」と訓練の意義を話した。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク