藤沢版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

デビス杯WG 添田選手 歴史刻む勝利 2セットダウンから驚異の粘りで逆転

スポーツ

ワールドグループ初勝利を飾った添田選手
ワールドグループ初勝利を飾った添田選手

 イワン・ドディグ選手(クロアチア)との4時間を越える熱戦を制し、両腕を広げ全身で喜びを表現した私立藤沢翔陵高校(篠原充校長)出身のプロテニスプレーヤー添田豪選手(27・世界ランキング2月13日現在81位、空旅ドットコム)。男子テニスの国別対抗戦デビスカップワールドグループ(WG)1回戦(クロアチア戦)で、現行制度に移行した1981年以来、日本人が勝利したのは初めて。添田選手は日本テニス界に歴史的な1勝をもたらした。

 兵庫県ブルボンビーンズドームで10日、同大会1回戦が行われ、添田選手はシングルスでドディグ選手と対戦した。2セットを失い後がない添田選手はここから驚異の粘りを発揮。1月のインド・チェンナイ大会でドディグ選手を破っている添田選手は第3セットを6―4、続く第4セットも2度のブレークから6―3で奪い、勝負は最終セットへ。

 互いにサービスゲームをキープして5―5で迎えた

11ゲーム、粘り強い返球でドディグ選手のミスを誘い、ブレーク、最終ゲームを危なげなくキープし7―5、セットカウント3―2で逆転勝利を収めた。

 世界ランク55位のドディグ選手を破った添田選手は「WGで日本人初の勝利者になれて本当に嬉しい。2セットダウンからの勝利も初めてだったが、それがデ杯の舞台だったのが特に嬉しかった」とし「試合後、たくさんの方からお祝いのメッセージをもらい、いかに大きな勝利だったかを痛感した」と語った。

 大会は12日まで行われ、最終戦で添田選手は、初日で錦織圭選手(フリー)を破ったイボ・カロビッチ選手と対戦したが、長身から繰り出されるサービスに最後まで苦しめられ、0―3のストレートで破れた。通算成績2勝3敗で、日本はベスト8進出を逃した。

 添田選手は「今後はサービスゲームでのキープ力を改善していきたい」とした。大会後の13日、添田選手の世界ランキングは88位から81位にアップした。

 ※デビスカップは国際テニス連盟主催の男子国別対抗戦で、代表選手4人よってシングルス4試合、ダブルス1試合を戦い先に3勝した国が勝ちとなる。WG制は1981年に導入され、世界の上位16カ国がトーナメントを行い、優勝を争う。1回戦で敗れた国は、複数に分かれた下部グループ優勝国と翌年のWG出場をかけたプレーオフを行う。
 

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク