藤沢版 掲載号:2012年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

「消費することが支援に」 東北アンテナショップ開店から7カ月

社会

「東北の特産品を楽しんで」
「東北の特産品を楽しんで」

 2012年度の藤沢市当初予算案に「アンテナショップ運営費」が計上され、4月以降も継続の検討が進む「岩手・宮城・福島観光物産プラザ」。同プラザは市の復興支援プランの一環で、被災地から避難している3人が販売員として勤務。「東北に行ったことがある人など、声をかけてくれるお客さんが多くて話をするのが楽しい。『直接現地には行けないけれど』と、プラザに買い物に来てくれる応援の気持ちを感じる」と販売員の1人は話す。

 店内には石巻の「鯨カレー(630円)」などオススメ商品が並ぶ。運営する藤沢商工会議所は「被災し、流通ルートが確保できない中小企業などの商品を販売価格で買い上げて売っている。消費をすることが直接被災地の支援になる」と語る。本日9日からは、福島県南相馬市の伝統行事「野馬追(のまおい)」にちなんだ、せんべいなどの菓子も販売予定だ。

 また現在、東日本大震災1年のパネル展を開催中。同プラザ内に震災当時と現在の様子を撮影した写真パネルを展示する。営業時間内(午前11時から午後6時半・水曜定休)は自由に見学できる。3月13日(火)まで。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク