藤沢版 掲載号:2012年4月13日号
  • googleplus
  • LINE

過去最多419人 16・3万ミリリットル 第7回献血キャンペーン

社会

セレモニーには首長、議員や関係者らが参加
セレモニーには首長、議員や関係者らが参加

 第20回記念大相撲藤沢場所が開催された秋葉台文化体育館正面入り口前で7日、第7回献血キャンペーン(大相撲藤沢場所実行委員会主催)が開催され、過去最多となる419人(受付人数482人)、16万3000ミリリットルが集められた。

 勧進元の最上重夫氏は岩手、宮城、福島の被災地で輸血用血液が激減しているという報道を受け、「私たちが応援しなくて誰がするのか」と訴えかけ「大相撲藤沢場所の献血が成功し、全国に波動を起こせばという思いで行っている」と語った。

 セレモニーであいさつに立った黒岩祐治支部長は関係各位に感謝を述べ、「命輝くマグネット神奈川のために、輸血用血液の確保は大きな安全、安心に繋がる。ボランティアの心を持ってみんなで支えていきたい」と語った。同場所開催地の鈴木恒夫藤沢市長は「多くの方に協力いただき、輸血用血液が集ることを期待する」と話した。

 当日は県内の献血車6台が用意され、セレモニーには日赤神奈川県赤十字血液センターの稲葉頌一所長をはじめ、茅ヶ崎市、寒川町、大和市、海老名市、綾瀬市の市町長や副市長、阿部知子衆議院議員、市議、県議らが参加した。

 会場ではAED体験コーナーを設置、黒岩知事も心臓マッサージや人工呼吸、AEDの使い方を体験した。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク