藤沢版 掲載号:2012年9月28日号
  • googleplus
  • LINE

地域の医療ニーズに対応 徳洲会病院が辻堂へ

社会

10月本格稼動の新病院
10月本格稼動の新病院

 茅ヶ崎市幸町の茅ヶ崎徳洲会総合病院がJR辻堂駅前の再開発地域「湘南C―X」(シークロス)に移転し、10月から「湘南藤沢徳洲会病院」(亀井徹正院長、藤沢市辻堂神台1の5の1)として運営を開始する。9月22日、23日には新病院の施設見学会と開院式が執り行われた。22日の医療関係者向け内覧会、23日の一般向け見学会両日合わせて約1万3千人が訪れ、院内や医療機器を見てまわった。

 新病院は地上10階、地下1階で建築面積6260平方メートル、延べ床面積は4万1200平方メートル。救急医療の拡充やがん治療、周産期医療・胎児医療などでの高度な医療ニーズにも対応していくという。

 あいさつに立った亀井院長は「新病院には私たちの夢が詰まっている。茅ヶ崎で32年間尽力してきた患者第一の精神を維持し、その上で進化する病院を目指します。また地域間の連携も深めていきたい」と意気込みを語った。

 茅ヶ崎の病院施設は10月からクリニックの運営のみとなる。湘南藤沢徳洲会病院は10月1日(月)が救急外来のみの受付け、2日(火)から通常診療を行う。
 

あいさつする亀井院長
あいさつする亀井院長

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク