藤沢版 掲載号:2012年10月19日号
  • googleplus
  • LINE

湘南営繕協会 「今後も地域・社会に貢献」 創立30年の祝賀に300人

社会

感謝状を手にする最上氏(左)と黒岩支部長
感謝状を手にする最上氏(左)と黒岩支部長

 グランドホテル湘南で10月10日、株式会社湘南営繕協会(最上重夫代表取締役)の「創立30周年記念祝賀会」が開催された。当日は黒岩祐治知事、中塚一宏金融担当大臣、田中正明藤沢商工会議所会頭をはじめ地元選出の市議、県議、角界関係者など、約300人が祝いに駆け付けた。

 最上代表取締役は「家庭・家族、社員、お客様、多くの取引先の方に恵まれ30年を迎えられた。何人もの方に次の100年を目指してがんばれと言われた。明日から31年目がスタートする。皆様の協力をいただき、今後も地域貢献、社会貢献できる企業にしていきたい」と決意を語った。

 黒岩知事は「地域第一主義はとても大事。大相撲や献血など社会のために生きている企業、まさに経営者の鏡と言える」と絶賛した。

 会では、最上社長から日本赤十字社神奈川県支部に寄付金が手渡され、黒岩支部長から感謝状の贈呈が行われた。

無事故で7年目

 祝賀会前には湘南営繕協会・湘南アーキテクチュア(株)(最上眞理子代表取締役)の合同安全大会が開催され、協力業者や関係者ら約130人が参加した。この安全大会は「不幸な労働災害を起こさない」との認識を共有する場として毎年10月に同社が開催しているもの。

 あいさつに立った営繕協会の最上代表取締役は「無事故を祈願して合同の開催とした。これまで7年間事故は起きていない。安全大会で皆さんが自覚をし、会社で伝えて頂いているのが成果に繋がっているのだと思う」と語った。

 大会では藤沢労働基準監督署の古屋強署長、藤沢北警察署の池田光夫署長による講話、協力業者への表彰が行われた。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク