藤沢版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

資源戸別収集 「満足」が約8割 「負担軽減」が評価

 藤沢市は12月議会定例会で、「『資源品目別戸別収集』と『商品プラスチック収集』に関するアンケート結果」を報告した。これらの収集は4月から市内全域で実施スタート。資源品目別戸別収集の満足度では、およそ8割が「満足している」と回答した。

 アンケートは9月に市内2000世帯を対象に実施された。資源品目別戸別収集の満足度は「大いに満足している」が40・7%で、「少し満足している」の35・8%と合わせると76・5%となった。

 主な理由として「運搬や、分別当番など集積所の維持管理の負担が軽減された」「家庭内の資源ストック場所が少なくて済む」「集積場でビンやカンを排出する時の音がなくなったから」などが挙げられた。

 市環境事業センターは「実感としても戸別収集を評価してくれる人が多いように思う。市民が分別の疑問などを収集職員に質問する場面もあり、ごみや資源への関心が高まる機会となっているようだ」と話す。町内会や自治会とも協力しながら、より分別の徹底を図っていくという。

 一方で満足していない理由には「資源を出す日程がわかりづらい」「毎日出さなくてはいけないから」「戸別収集ではプライバシーが守られない」「収集車が頻繁に通行するから」などの声があった。

 市では4月から市内全域で資源の戸別収集を実施。対象は「ビン」「カン」「ペットボトル」「廃食用油」「本・雑誌」の5品目。

 資源品目別戸別収集にかかる経費は、単品で戸別収集する「ペットボトル」「カン」「本・雑誌」の経費などで2億8100万円増額したが、これまで資源集積所に配布していた容器などが不要となり2億2600万円が減額。2012年度の予算ベースで約5500万円となった。

商品プラは「満足」6割

 また、昨年度まで不燃ごみとしていたプランターや洗面器、バケツなどのほか、大型ごみとしていた衣装ケースやベビーバスなども「商品プラスチック」として新たに資源品目に加えた。4月から8月までの収集量は約50t、1万3839個。アンケートでは「満足」「少し満足」を合わせると62・3%となった。
 

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク