藤沢版 掲載号:2013年1月18日号
  • googleplus
  • LINE

ネットワークプランニングサービス(株) 「環境戦士 見守朗」を寄贈 釜石市の復興配信

社会

釜石市の復興を伝えていく「環境戦士 見守朗」
釜石市の復興を伝えていく「環境戦士 見守朗」

 藤沢市川名の「ネットワークプランニングサービス(株)(砂川健太代表取締役)」は昨年11月、東日本大震災で甚大な津波被害に見舞われた岩手県釜石市へ、自立型の防災用モニタリングカメラシステム「環境戦士見守朗(みまもろう)」の寄贈を決定し、12月18日から設置工事に取りかかっている。「見守朗」は、港町である釜石市の今後の復興の様子を、リアルタイムで全国に配信していく。

 「環境戦士 見守朗」は、モバイル通信回線・ネットワークカメラ・太陽光・風力発電が一体化した電力供給、電話線不要の完全自立型モニタリングカメラシステム。ゲリラ豪雨などによって生じる山間部での地滑りや河川水位の急激な上昇など、環境変化をいち早くキャッチし、自然災害予防や減災に役立つ。

 同社は、2011年11月に開催された「第12回湘南ビジネスコンテスト」での審査員復興支援賞受賞をきっかけに、釜石市へ同製品の寄贈を決定。藤沢市弥勒寺の(有)広沢鉄工建設ら4社から賛同を得て、太陽光パネルやリチウムバッテリー、風力、支柱といった部品を無償で提供してもらった。「4社とも被災地視察の経験があることから、快く引き受けてくれた。見守朗の寄贈は、協力企業の被災地復興への熱い思いがあって実現した」と同社。

 昨年9月から、寄贈先である釜石市役所の危機管理課職員らと設置候補場所を5カ所ほど視察。「魚河岸」地区や、防潮堤と湾口を一望できる高台の津波避難所「浜町避難道路」への設置を決めたという。「魚河岸地区は、『魚河岸地区の復興なくして、釜石の復興なし』といわれる特別な場所。ここに設置できて嬉しい」と砂川代表は話す。

 「環境戦士 見守朗」は高さ約5・5m、幅約1・5m×1・2m。現在は、太陽光パネルなどの設置が完了。2月中にカメラが取り付けられ、3月11日にお披露目、稼動開始となる予定。釜石市の防災はもちろんのこと、復興の様子をリアルタイムで発信し、全国に伝えていく。映像はインターネットで随時配信される。砂川代表は「被災地は、10年から20年の長いスパンで見守っていく必要がある。今後は、あまりメディアに取り上げられてない地域に見守朗を設置していきたい」と話した。

 同社は02年4月に設立。ソフトウェア開発やデザイン、PCサポートなどを行っている。昨年7月から、藤沢市内でも同製品を稼動させている。
 

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク