藤沢版 掲載号:2013年1月18日号
  • googleplus
  • LINE

藤沢地区地域経営会議 フェンスで歴史探訪 市民病院前バス停に設置

文化

キレイになったバス停フェンス
キレイになったバス停フェンス

 藤沢地区地域経営会議(廣瀬宣昭会長)はこのほど、藤沢市民病院前のバス停にラッピングを施した風よけフェンスを新たに設置した。

 フェンスの老朽化に伴い、同病院と同会議が連携して実施したこの試み。東海道五十三次に描かれた藤沢宿の浮世絵や、同病院の着工から開院、西館建設時の風景などを収めた写真をモチーフに、時代ごとの同地区周辺の景観や変遷などが紹介されている。フェンスはバス停のベンチを囲むようにして合計6枚のボードで構成されている。

 この取り組みは同会議が2年前から地域活性化を目的に進めている事業「歩いて見よう藤沢宿」の一環で行われたもので、今までに遊行通りや銀座通りなどにラッピングを行ってきた。

 高野文夫同会議推進部会長は「これをきっかけに多くの人に藤沢の歴史を知ってもらい、実際に歩いて楽しんでもらえれば」と語った。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク