藤沢版 掲載号:2013年2月15日号
  • googleplus
  • LINE

白虎(ホワイトタイガー)が日大博物館に 剥製と骨格標本を展示

 日本大学生物資源科学部博物館(亀井野1866)で先月から、ホワイトタイガーと木曽馬の剥製が展示されている。

 博物館によると、展示されているホワイトタイガーは、埼玉県の東武動物公園で飼育されていたもので、名前は「リュウ」。日本最高齢の20歳で、人間の年齢でいうと100歳くらいだという。

 木曽馬は、長野県の南木曽地域で御神馬として飼育されていたもの。名前は「五宮号(いつみやごう)」。木曽馬は日本在来種で一時絶滅寸前であった貴重な品種といわれる。

 館内には剥製の他に、骨格標本も展示されている。担当者は「今では、非常に貴重な動物の展示物となっている。この機会に多くの方に来て欲しい」と来館を呼びかけた。

 同博物館は、大学の11学科に関連するものを中心に約3万点の収蔵物を保管。

 開館時間は、火曜日から土曜日で午前10時から午後4時まで。入館料は無料。月・日・祝日は休み。

 問い合わせは同館【電話】0466・84・3892へ。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク