藤沢版 掲載号:2013年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

4月5日に開校式を行う湘南看護専門学校の副校長を務める 土屋世都子(せつこ)さん  62歳

秘めた情熱で導く

 ○…藤沢市を含む湘南東部地域に不足する看護師を育てようと、大庭に建設された湘南看護専門学校。同校の運営を取り仕切る副校長を務める。これまで開校に向け、行政や地域の人々の協力を得ながら準備を進めてきた。生徒募集が昨年11月からと出遅れはあったが、晴れて40人の新入生を迎え入れる。「地域に貢献できる人材を育成できるよう力を尽くしたい」。言葉の響きには固い決意を感じる。

 ○…26歳で看護師を育てる教師の道を選んだ。当時、自身も看護師として働く中で、その社会的地位や評価がとても低いと感じることがあった。どうすれば変えられるのかと自問し、出た答えが「教育の大切さ」だった。意を決して教師を目指し学校で学び始めるが、その日々はとても辛いものだったとか。「自分の考えの甘さ、若い看護師を育てる難しさを思い知らされた」。泣きながら勉強したことも。「私の人生の中でもあの時が一番勉強した」と懐かしむ。その後、地元神奈川の学校から、広島、福島などの看護学校で経験を積んだ。

 ○…北海道生まれ。中学1年のときに父親の転勤で横須賀へ移り住んだ。「青函連絡船に乗って。船底の安い席だった」とか。3人兄弟の長女で、幼いときから弱い立場の人を無視できない、そんな性格だった。小学校6年生のとき、学校の図書館で読んだ「ナイチンゲール」の伝記に感動し看護師を志した。

 ○…生徒に伝えたい気持ちをナイチンゲールの言葉「天職としての看護」で表す。「プロとして、日々勉強していかなければ、専門家としての仕事はできない」ときっぱり。教師は、自身にとってまさに天職なのだろう。「楽しくて辞められない」と微笑む。「教師の情熱に生徒は必ず応えてくれる」。穏やかな表情とは正反対の熱い思いで、新たな学校をまとめ上げる。横須賀市在住。

藤沢版の人物風土記最新6件

二見 将幸さん

江の島観光会の会長に就任した

二見 将幸さん

2月16日号

鷹取 昭さん

10年かけ神奈川県内の「庚申塔」を調べ、1冊にまとめた

鷹取 昭さん

2月9日号

齋藤 史朗さん

20周年を迎える「江ノ島湾護美さぁくる」の世話人を務める

齋藤 史朗さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

対馬 伸也さん

自転車レース「オートルート」の日本人初のアンバサダーに就任した

対馬 伸也さん

1月19日号

高橋 可成(かなる)さん

「毎日写真コンテスト」で文部科学大臣賞を受賞した

高橋 可成(かなる)さん

1月12日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク