藤沢版 掲載号:2013年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

藤沢市 認可外の6保育所に助成 待機児童の解消に一役

 藤沢市は、保育環境の向上や待機児童の解消を目的に、認可外保育施設に対して、単独で補助を行う「藤沢型認定保育所制度」を新たに導入。4月1日付で6施設を「藤沢型認定保育施設」に決めた。待機児童解消に向けて独自対策に乗り出すのは、政令指定都市以外では県内初となる。

 藤沢市の待機児童数は、2012年10月1日時点で483人。同年4月1日の379人から104人増となり、県内では川崎市に次いで2番目に多く、全国でも14番目に多かった。

 こうした中、藤沢市は2002年度から神奈川県との協調補助である「認定保育施設制度」を実施。所定の認可外保育所への補助を行ってきた。しかし、県の財政悪化で今後新たな認定が期待できないことから、市が単独で補助を行う「藤沢型認定保育所制度」を新設。今年度予算に1942万5000円を計上した。

年齢に応じて交付

 今回認定されたのは、子ども1人あたりの面積や、資格を有する保育士の人数など、県が定める「認定保育施設制度」と同等の基準を満たした6保育所(図参照)。市は同保育所に対して、子どもの年齢に応じて補助金の交付を行う。補助金額は1歳未満の児童1人あたり月額4万6000円、1歳以上3歳未満の児童1人当たり2万3000円、3歳以上の児童1人あたり8000円。

利用料引下げ質の向上に

 認可外保育所は施設によって保育料や保育従事者数、保育の質、施設の設備に差が出るが、今回の認定により一定以上の質が保たれることが期待される。いずれの保育所も月額保育料が上限5万8000円に引き下げられるほか、子ども1人当たりの面積が1・65平方メートルから1・98平方メートル以上に拡大。また、1人あたりの有資格者が増えるなど、保育環境の向上につながるという。

 今回認定された保育所の園長は「これまでは保育料の問題で認可を希望する保護者も多かったが、この制度によって今後、認可外も視野に入れる保護者が増えるのでは」と期待を込める。だが、「ニーズの高い0〜2歳児は定員に空きが出ると、すぐに埋まってしまう」という保育所もあるのが現状だ。

 厚労省が定める基準によれば、藤沢型保育所への入所者は待機児童数から差し引かれるため、集計上は減となる見通し。市保育課では「今後も可能な限り藤沢型認定保育施設を増やしていきたい」と話す。

3認可保育所を新設

 待機児童の緊急対策として、市は今年度中に3園の認可保育所を新設し、定員230人の拡大を目指す。今月、辻堂駅前に1保育所が開所したほか、現在、藤沢駅前に2保育所の開設が進められている。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6件

ビークルステーション藤沢

整備工場付き!ハイクオリティな中古車販売店

https://www.yokohama-toyopet.co.jp/shop/u_car/vsfujisawa/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

防災の専門家が講演

防災の専門家が講演

26日に湘南台シャカラで

5月26日~5月26日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月11日号

お問い合わせ

外部リンク