藤沢版 掲載号:2013年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

西俣野地区ほか 「バイオガス化品目」分別へ 6月から500世帯で検証

18日には西俣野中自治会館で説明会が実施され、12人の住民が参加した
18日には西俣野中自治会館で説明会が実施され、12人の住民が参加した
 藤沢市は、6月3日から西俣野エリアなど3地区で、生ごみなどを試験的に「バイオガス化品目」として分別収集する事業をスタートさせる。これは「バイオガス化施設」導入を検討する材料として、収集量や分別品目増による市民負担や協力率などを検証するもの。

 試行エリアは、西俣野中自治会、西俣野下自治会、湘南台2丁目北自治会の約500世帯。期間は2013年6月から14年3月末まで。3地区の選定理由について市環境事業センターでは、「単身者が多い湘南台2丁目エリアと、家族世帯が多く、日頃から分別意識が高い西俣野地区が検証にふさわしかった」と説明する。

 「バイオガス化」とは、生ごみをメタン発酵させ、発生したガスを利用し、電気や燃料として再生可能エネルギー化するシステム。焼却しないため、CO2削減、地球環境への負荷軽減などのメリットが見込まれている。07年度から藤沢市と茅ヶ崎市、寒川町で策定したごみ処理計画の一環として準備を進めてきた。

3地区で説明会

 5月18日には、西俣野地区の住民らに説明会を実施。市職員は、台所ごみや鼻紙、草葉などが分別対象となることや、緑色の専用ごみ袋、収集カレンダーを全戸配布することを説明した。住民からは、「生ごみを小分けしたビニール袋は一緒に入れても良いのか」「実用化された自治体はあるのか」などの質問が寄せられていた。住民の一人は「多少の手間はあるが、環境のためを考えれば簡単なこと。積極的に協力したい」と話した。一方で、「現在の分別に慣れたところで、さらに品目を増やすのか」という声も上がっている。

 市によれば、「バイオガス化品目」は従来どおり収集車で回収され、可燃ごみと同様に焼却されるという。市では今後、アンケートを実施し、住民の意見やごみ出しの状況を分析。「バイオガス化施設」導入の是非を検討していく方針だ。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク