藤沢版 掲載号:2013年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

オフィス結アジア 福祉部門で「指伝話」活用 iPad4台を市に寄贈

社会

インストール済みの「指伝話」を寄贈した高橋代表取締役(左)
インストール済みの「指伝話」を寄贈した高橋代表取締役(左)
 有限会社オフィス結アジア(藤沢市鵠沼東/高橋宜盟(よしあき)代表取締役)は5月21日、藤沢市役所市長応接室を訪れ、自社開発した障がい者向けアプリ「指伝話(ゆびでんわ)」をインストールしたPadmini4台を、市に寄贈した。

 指伝話は登録したことばを指で選択し、音声で伝えるアプリ。様々な理由で声を出せない人に代わって、話をしてくれるという。

 高橋代表取締役は「事業を始めるにあたって、市や湘南産業振興財団には応援してもらったので、恩返しがしたかった」とし、「指伝話を必要とする人のために、役立ててほしい」と話した。寄贈を受け、鈴木恒夫藤沢市長は「福祉部門での言語機能訓練などに活用したい」と述べた。

 寄贈された4台は、子ども家庭課に2台、障がい福祉課に1台、市民病院のリハビリテーション室に1台設置され、運用が開始されている。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク