藤沢版 掲載号:2013年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

第5回全日本ユースライフセービング選手権大会・サーフレース部門で優勝した 上野 真凜(まりん)さん 鵠沼海岸在住 16歳

ひたむきに海を見守る

 〇…高校生ライフセーバーの頂点を競う全国大会で、ライバルを押さえ優勝を決めた。沖まで泳いでタイムを競うサーフレースでは、波をとらえるテクニックや泳力はもちろん、地形や潮の流れを見極める力や経験値が勝敗を分ける。「ほかの選手が右にそれた隙にゴール地点を確認して一気に抜いた。1位は嬉しいけれど、ボードレースではジュニア時代からのライバルに負けてしまって悔しい」。タイムにこだわるのは、海での救助のほか陸での心肺蘇生や怪我の手当など、その先に「救える命」があるから。あどけない素顔にのぞく使命感が印象的だ。

 〇…小学1年生から所属する西浜サーフライフセービングクラブでは、社会人や大学生とともに早朝5時半から厳しい訓練に励む。「練習がキツくて嫌になることもあるけれど、先輩や仲間が居るから頑張れる」。それを裏付けるかのように、先日の大会ではリレーで3位からの逆転勝ちに貢献。「波が味方してくれた。リレーだとびっくりするくらい底力が出る」と愛くるしく笑う。そんな一途な姿から、仲間に愛されている様子が容易に想像できる。

 ○…小・中・高校と、自宅から程近い湘南白百合学園に通う。Tシャツにショートパンツ姿で自転車にまたがり、海岸線の風を切る姿は、まさに生粋の湘南ガール。「海のように広い心を持ち、凜とした女性になりますように」。サーファーの父親の願いが込められた名前どおり、「大会で勝つことが目的ではなくて、事故を未然に防ぐことが私たちの役割」と凜とした表情。

 ○…昨夏はガードとして初めて海水浴客の安全を見守った。ライフセーバーが手をつないで行方不明者の捜索にあたる「ヒューマンチェーン」も初めて体験。遺体を前に、改めて監視の大切さを思い知った。「ショックだった。もっとしっかり海を見守らなきゃ」。この夏も常に緊張感を持ちながら、ひたむきな気持ちで海の安全に眼を光らせる。
 

藤沢版の人物風土記最新6件

二見 将幸さん

江の島観光会の会長に就任した

二見 将幸さん

2月16日号

鷹取 昭さん

10年かけ神奈川県内の「庚申塔」を調べ、1冊にまとめた

鷹取 昭さん

2月9日号

齋藤 史朗さん

20周年を迎える「江ノ島湾護美さぁくる」の世話人を務める

齋藤 史朗さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

対馬 伸也さん

自転車レース「オートルート」の日本人初のアンバサダーに就任した

対馬 伸也さん

1月19日号

高橋 可成(かなる)さん

「毎日写真コンテスト」で文部科学大臣賞を受賞した

高橋 可成(かなる)さん

1月12日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク