藤沢版 掲載号:2013年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

山岳競技 藤沢で初の国体予選 体育センターに専用設備

スポーツ

ロープを使って登る「リード」(写真提供=東京都山岳連盟)
ロープを使って登る「リード」(写真提供=東京都山岳連盟)
 第68回国民体育大会、山岳競技の関東ブロック大会が7月20日(土)と21日(日)、県立体育センター(善行)で催される。市内で同競技の国体予選が行われるのは初めて。期間中、同センターの体育館には競技の専用設備「クライミングボード」が設置される。

 国体の関東ブロック大会会場は、種目ごとにエリア内の1都7県から毎年交代で選ばれ、2013年の山岳競技では神奈川県が対象となる。

 同競技は約5mから12m以上のクライミングボードを、埋め込まれた突起を使って規定時間内に登るもの。ロープの有無と高度などで「リード」と「ボルダリング」の2種目に分けられる。競技には大規模な体育施設や大型の専用設備が必要となるため、同ブロック大会は今まで、常設の専用設備を持つ横浜市や川崎市などで開催されていた。また藤沢市内には公営の山岳競技用設備が無く、これまで大規模な大会は行われてこなかった。

 今回は藤沢市山岳協会の東昭一会長が「藤沢にブロック大会を誘致して、多くの市民に競技に触れてもらいたい」と県山岳協会に働きかけ、初めて市内での開催が実現。県立体育センターで行われることとなった。

 競技に使われるクライミングボードなどの専用設備は、同センターの体育館に設置される。大会期間中限定の特設会場のため、終了後は撤去が行われる。

 ブロック大会には、神奈川、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、山梨の7県の代表選手、計21チーム42選手が出場。国体開催地の東京都代表は、すでに出場権を持っているためオープン参加となる。

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク