藤沢版 掲載号:2013年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

宮原地区 地元食材使い料理教室 食育研究会初のイベント

社会

大人に教わりながら調理した
大人に教わりながら調理した
 市内宮原で収穫されたジャガイモを使った料理教室が7月14日、住民の交流施設・宮原コミュニティかわせみで開かれた。これは、同施設の運営委員会(鈴野昌太郎委員長)の食育研究会(河原頴子代表)が初めて行ったもの。親子のふれあいの機会を増やし、地元の食材を使った料理を家庭でも作ってもらうことが目的。

 教室には子どもから大人まで約30人が参加。同運営委員会が管理する畑「かわせみ農園」で収穫されたものを使い、ジャガイモ餅やコロッケなどの調理を楽しんだ。

 参加した子どもたちは、周りの大人たちから教わりながら潰したジャガイモを手で丸め、フライパンで焦げないよう注意しながら餅を焼いた。

 河原代表は「これからも宮原らしさを活かした活動を継続し、さらに多くの住民に広めていければ」と話した。

 また同運営委員会は、今後も季節ごとに採れる野菜を使った料理教室や収穫祭、正月飾り作りなどの伝統行事の教室を行っていくとしている。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク