藤沢版 掲載号:2013年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

市内19会派が民舞を披露 発表会に400人が来場

文化

会派ごとに特徴ある踊りが披露された
会派ごとに特徴ある踊りが披露された
 「第20回しょうなん民舞チャリティのつどい」が10月12日、藤沢市民会館小ホールで開かれた。

 これは、しょうなん民舞会(坂東三輝松会長)が主催したもの。同会は市内で活動する日本舞踊団体21会派で構成されており、今年は19会派が参加。衣装や和傘などの小道具にも工夫を凝らし、68のプログラムを披露した。

 会場には400人が訪れ、踊りが始まると「待ってました」という掛け声や拍手が観客から沸き上がっていた。

 坂東会長は冒頭で、同会立ち上げから16年間会長を務めた桜井扇舟さんの功績への感謝を語り、「20年の節目を無事迎えられ、日本の伝統芸能に携われていることは本当に幸せ。踊りを来場者の皆さんに楽しんでもらえたら」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク