藤沢版 掲載号:2013年12月27日号
  • googleplus
  • LINE

連載・境川不法係留船を追う―下 横たわる費用の問題 「所有者の意識改革が課題」

社会

境川河口付近には今もなお係留船が並んでいる
境川河口付近には今もなお係留船が並んでいる
 境川下流部で10年以上に渡り問題となっている、プレジャーボートなどの不法係留船。行政から撤去勧告を受けても、所有者自身が移動するケースは少ない。

 同河川を管理する藤沢土木事務所は、自主撤去を求める文書内で、藤沢市近隣の民間マリーナを移動先として紹介しているという。しかし、逗子や葉山、平塚などにあるマリーナの艇置費用は、年間約40万円から120万円と高額なため、自主的な移動は進んでいないのが現状だ。また、同事務所によると、船の所有者からは「施設によっては、付近の地形が悪く安全面が不安」「江の島や片瀬海岸の近くに停めたい」といった声もあるという。

 とはいえ、艇置費用の問題で不法係留を続けても、強制撤去が執行されれば、約60万から100万円の全額費用が船の所有者に請求される。同事務所は境川の係留禁止区域に残る約150隻について、登録番号からほとんどの船の所有者を把握しており、「法の範囲内で個人の預金額なども調査して、撤去費用は全額徴収する方針」と明言する。

住民の不安 根強く

 その一方で、執行前に撤去範囲外に移動させたケースもあり、10月の強制撤去後、下流の住民からは「係留船の数が増えた」との声もあがっている。

 片瀬地区自治町内会連絡協議会の長谷川紀夫会長は「撤去対象の船が南下してきているのは明らか。境川全体の撤去が終わっても、他の川に移っては意味がない。行政の管理責任はもちろん、船の持ち主の意識も変わらなければ根本的解決にはならない」と語った。

藤沢駅1分!フリートパーキング

396台収容!スタッフ在駐・セキュリティ完備!通勤にピッタリ!詳しくはHPへ

http://www.fleetparking.jp/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

大切なお墓が蘇る

お墓・玄関・庭石・タイルなど様々な石材を丁寧に洗浄します。

http://ohakasentai.com/oneeighty/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

建築家が見る新旧の鵠沼

藤沢も春らんまん

「災害時に役立てて」

藤沢工科高

「災害時に役立てて」

3月30日号

西高生が児童と交流

遊ing

西高生が児童と交流

3月30日号

「湘南遺産」候補求む

児童館に木製ベンチ寄贈

藤沢南RC

児童館に木製ベンチ寄贈

3月30日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク