藤沢版 掲載号:2015年1月9日号

どんど焼きで無病息災 文化

1月14日 白旗神社

昨年のどんど焼きには約500人が訪れた
昨年のどんど焼きには約500人が訪れた

 冬の風物詩として恒例の「左義長祭・どんど焼き」が1月14日(水)、白旗神社(藤沢・鈴木大次宮司)境内で行われる。午後2時から。

 「左義長」は道祖神を奉る「どんど焼き」の別名で、正月に使ったしめ縄や門松、古い札などを火で焚き清め、神に感謝を捧げるもの。この火で書き初めを燃やし天高く舞えば書道の腕が上がると言われ、竹に刺した赤・白・緑の団子をこの火で焼いて食べると1年間、無病息災の御利益があるとされている。

 今年で34回目を迎えるどんど焼きは、1982年から「白旗左義長祭」として行われている。現在では、周辺地域の商店街や消防団などの協力を得て開催されるようになり、市内でも最大規模のものとなっている。

 お焚き上げの受付は13日(火)まで。当日は、午後1時30分から3色だんご(300円)が販売される。

 問い合わせは同神社【電話】0466・22・9210へ。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映画ロケ地などで撮影

映画ロケ地などで撮影

ロスピノスで写真展

1月14日~1月29日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク